--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2009-03-15

ステビアに大型投資が期待される




 カナダのGLG Life Tech Corporationはパラグアイのステビアへの投資に興味を示している。
3月12、13日に行われるステビア・シンポジウムに参加するために初めて来パした視察団はカンディド・ベラ・ベハラノ農牧大臣と10日、面会し投資の意向を話した。同会社はステビア(Ka`a He`e)栽培面積の拡大や品質向上等の結果次第で工場建設も考えている。

 目標はステビア栽培の最大国である中国と同じように、ステビアと言えばパラグアイと認識されるようにしたいと意気込んでいる。

 視察団はPiribebuyのKa`a He`e栽培地やYpacaraiのNL Steviaのクリスタル化工場の視察が予定されている。
 
 GLG社はパラグアイのステビアは甘み成分であるrebaudiosidosの含有量がかなり低いため、最新技術でrebaudiosidosやSteviosidosの含有量を75%多くしたい、と語っている。

 幹部であるデイビッド・ビショップ氏は、GLG社は中国で栽培から工場までの過程を全て行っていると説明し、世界の需要は様々でパラグアイではrebaudiosidosやSteviosidosの摂取に集中したいと語った。

 GLG社はCargill社(コカコーラ社に提供している会社)へステビアの原材料を提供している。

 パラグアイへの投資はまだ確定していないが、ここ一年で国内のステビア投資に興味を示している大型企業として3番目になる。2社は既に国内で始動しているNL Stevia社とPure Cicle社。


 ※今年、GLG社は中国に新たに二つの工場をオープンして同会社幹部等によると世界で最も大きいステビア工場になった。
 中国はステビア栽培の最大国で、GLG社は中国の栽培の80%(1万6000ヘクタール)を占めている。GLG社はステビアの最大生産会社になり、多国籍企業との契約数でトップになる。



パラグアイ国内のステビア栽培面積を現在の1400~1500ヘクタールから2013年には1万2000ヘクタールに拡大を目指す。

 現在のステビア輸出市場の傾向から今後5年間で5500万ドルから6000万ドルに輸出総額が上がると予測されている。

 最近の米国のrebaudiosidos Aの認定により、Coca Cola, Pepsi Co. , Merisant, Cargill, Kraft, Danone他の会社がステビア関連事業に参入している。ステビアはカロリーゼロの甘味料として米国の他にアジア、ヨーロッパで需要が拡大するだろう。この地域の人達は肥満問題が深刻なためカロリー摂取を少なくする必要があり、ステビアは自然甘味料としてあらゆる食べ物に使用が可能である。

 パラグアイはステビア原産国として海外から多くの投資を呼びこむ魅力がある。またパラグアイがステビアの農業生態学に一番適しているため南米でステビア生産のリーダーとなると期待されている。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : 海外ニュース
genre : ニュース

tag : 2009年3月15日号

2009-03-15

政情雑記帳




 「時事斜断」
                                    坂本 邦雄


 最近の政界の動静に一寸触れて見たいと思う。先ず一つは、青党リベラルの反骨児アルフレド・ ハエグリ上院議員の皮肉である。此のハエグリ参議員については以前本コラムでも書いた事があるが、議会の席も特注の椅子でなければ持たない程に丸々と肥えた大兵で見るからにユーモラスな御仁だと 言えばお気付きの方も多いであろう。兎に角上院の本会議で反対派を遣り込めるのにコンドームを振りかざして難詰(なんきつ)すると言った奇抜な所作は既に彼の専売特許みたいなものである。

 此のハエグリ参議員が又々、今月5日の新国会上院本会議で、ルーゴ政権の特徴を示す大きな諷刺漫画を持ち込んで話題になった。吾が国のポピュラーな或る漫画家の作によるものだが、ルーゴ 大統領のトレード・マークであるサンダルの間から見える靴下にエフライン・アレグレ公共土木大臣とブラス・リャノ司法労働大臣が盛んに吸付いているパロディーで、ルーゴの後ろにはソッポを向いているハエグリと一緒に同党のミゲル・アブドン・サギエル上院議員の顔も見える。パラグアイでオベッカ家や 機嫌取りの上手い者をチュパ・メディアス(靴下吸い虫 = chupa medias)と云って軽蔑するが、正に其れを茶化した政治漫画である。

 余談だが、ミゲル・アブドン・サギエル参議員は且つては外相を務め又幾度か上院議長、即ち国会議長の要職も歴任した青党の重鎮だが、ニカノル政権下では(ワスモシ元大統領の命で、リノ・オビエド将軍逮捕の為に強行家宅捜査作戦を指揮した廉で)ホセ・ケイ・金沢中将の四星大将昇進に何度も執拗に反対した事がある。

 なお、上記の漫画は上院議会の青党“B-組”議席を構成したハエグリ参議員及び同組のリーダー格にあるサギエル参議員のポジションとルーゴ派の青党議席“A-組”派のアレグレ及びリャノ両大臣との対立を明瞭に図示しているものである。極く最近、サギエル参議員は国会で新たに青党自派議員グループの構成を図っている事を明らかにしたが、此れ迄にも中々纏(まと)まりが悪かった青党リベラルの結束を更に乱し、及んではルーゴ政権の弱体化が進む恐れがある。

 処で行政面では、現政府は過去歴代の赤党政権から受け継いだ根深い腐敗の浄化に苦慮しているが、其の一例はペトロパール石油公団である。元々ペトロパールは汚職の伏魔殿と言われ輪番 為政者の闇資金等の捻出源の一つとして重要な組織で、其れだけに内部では何が起こっているのか終始不透明であった。ニカノル政権と共に去った公団のアレハンドロ・高橋元総裁は祖父の信太郎氏及び父君ノブオ氏に似て良く喋り記者会見でも多弁だったが、矢張り組織内の微妙な点に迄は決して触れなかった。 

 現政権になって初代ペトロパール総裁に就任したシーバル・グラナダ氏は管轄省のマルティン・  ヘイセケ商工大臣との衝突で2月5日に辞表を提出し、ルーゴ大統領は同月20日にパブロ・スガスティ氏を新総裁に任命した。此の人事更迭の理由はルーゴ政権になってから、ペトロパールの汚職や   腐敗の代表的根源である燃料輸入の水・陸上運賃を今後は全て最終陸揚地のCIF・ビリャ・エリサ港で仕切り、従来の輸送中の抜取り(盗難)を根絶すると言う案を巡っての問題であった。

 然し、此れを聞いて早速頭をもたげたのが新CIF仕切り方式は技術的にも絶対に実施出来ない事だと、屁理屈を並べ立てゝは旧来の商習慣を猛烈に弁護する永遠の癒着業者や利害関係者である。此の辺りの、政府がモタモタしている事情を市民に良く説明する責任があるのは実力者の内閣府官房 長官ミゲル・アンヘル・ロペス・ペリト氏であるかも知れない。                 

 問題は、最近ペトロパールに関する情報が新聞紙上で見られず、誰しも現行犯で不意打されたガスオイル35.000リットルの盗難訴訟の結果や其の他公共企業、政府外郭団体や中央政府の一連の不正取引の談合等々の問題は如何に処置されているかゞ分からないのである。そして旧態依然として 政府の多くの要職には昔からのニカノル派官吏が王様の様に居座っていて、国は腐敗の海に沈んだ 侭で、恰(あたか)も昨年4月20日の大統領総選挙では赤党コロラドからの立候補者ブランカ・オベラール女史が勝ったが如しの様相で、特に何らの変化も余り見られない。

 そして、ルーゴ大統領は自閉症に罹ったかの様で、リサイクル者(再製者)や腰抜者又は妥協者等の迎合組、或いは国を腐敗させて駄目にしたグループの代表者等に取巻かれていて、今では選挙大公約の国家改革を忘れたのではないかと見られても仕方がないであろう。

 ルーゴは既に公衆の信用を失った。然し、“腐敗のカーニバル祭り”に終止符を打ち、汚物たるリサイクル者等を追放し公共企業、政府外郭団体や中央政府各機関に於ける汚職の根源である幾多の失策を修正することが出来れば、未だ信用回復は可能である。

 但し、もう悠長に徒(いたずら)に時間を費やす暇はない。此れ迄に失った時間を取り戻す行動を即刻 起こさなければならない。さもなくばルーゴ大統領は裏切者、又は偽善者として歴史に名を残すおそれがある。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2009年3月15日号

2009-02-28

日系ジャーナル・2009年2月28日号の主な国内記事タイトル




◆パ国も保護主義政策として国産品の購入を推進

◆日米からの中古車輸入過剰 昨年比40%の販売不振

◆メルコスール下でパラグアイは他国に浸食され続けている

◆4月1日から空港税25ドルから31ドルに値上げ

◆ベネズエラのメルコスール正式加盟に赤信号

◆農業セクターへの再融資額は2千万ドルになる見込み

◆ジャスレタ公団、幽霊職員の解雇に1千万ドル

◆世界銀行、水道設備事業に6400万ドルの融資

◆政府、極貧層2万8000家族に助成金を支給

◆他

 ==========

◆休憩室ー2009年2月28日号

◆時事斜断 『陰謀ゲーム』

◆日本政府、水道施設拡大整備のため960万ドルの無償資金援助

◆他





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2009年2月28日号

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。