FC2ブログ
--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2008-11-30

ルゴ政権の100日評価は「普通」




来年度に対して国民は楽観的
 
 現地紙が行ったルゴ政権100日間の評価に対するアンケート調査では「良い」37%に対して「普通」が47%であった事が明らかになった。
 
 汚職撲滅に積極的に取り組んだルゴ政権ではあるが、一向に解決の糸口が見当たらない農村問題、都市部での犯罪発生率の上昇などが逆風となり、就任直後と比較して支持率が若干下がっている。
 
 国内の情勢について43%が「不確実」と回答した一方で、40%が「楽観的」と回答している。また、2009年度の国内情勢について45%「楽観的」、22%が「とても楽観的」、21%が「不安」と応えている。
 
 国民がルゴ政権に求めているのは治安の改善 (34%)と雇用創出 (35%)で、その他項目を抜きん出る結果となっている。

100日の主な良い点
25% 公共医療の無料化 
17% 特になし ・ 無回答
8%  農地改革
6%  赤党長期政権の打倒
6%  汚職撲滅
    その他

100日の主な悪い点
26% 不安定な情勢
18% 治安の悪化
18% 国家プラン不足
8%  職不足
5%  貧困
    その他

閣僚の評価
ルゴ政権の閣僚の中でもっとも評価が悪かったのは治安の改善に向けた明確な手段を見いだせていないフィリソラ内務大臣であり、32%が更迭すべきであると回答している。次いでハメッド外務大臣が14%、ボルダ大蔵大臣が8%となった。一方、もっとも評価が高かったのは公共医療の無料化を実現したマルティネス保健福祉大臣であり、40%が「最良」、39%が「良」と回答している。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年11月30日号

2008-10-31

ルゴ大統領、ブッシュ大統領と会談




汚職撲滅の闘いに関心示す

 米国を訪れていたルゴ大統領は27日(月)、ホワイトハウスでブッシュ大統領と会談を行った。
 
 一時間半に及んだ会談の席でブッシュ大統領はルゴ大統領が積極的に取り組んでいる汚職撲滅の闘いに大きな関心を示すとともに、パラグアイの医療および教育分野への協力を惜しまない考えを伝えた。
 
 ルゴ大統領はパラグアイについて「汚職が横行する国としてではなく、新たに生まれ変わった民主国家として世界に認知されたい」とブッシュ大統領に述べ、汚職および貧困の撲滅を最優先課題に掲げている事を伝えた。
 
 ブッシュ大統領は、忘れ去られている弱者への救済に真剣に取り組もうとしているルゴ大統領の政治姿勢に感銘を受けた事を明らかにして、「ルゴ氏の様な人物が指導者として誕生した事はパラグアイの発展に大きな一歩となるであろう」と述べた。
 
 ブッシュ大統領との会談後、ルゴ大統領は米国の平和部隊(PEACE Corps)の元ボランティアで構成された「Amigos del Paraguay」との昼食会に出席した。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年10月31日号

2008-09-15

大統領府機密費を透明化




 大統領府のエミリオ・カマチョ法務担当官は10日(木)、国家予算案に含まれる大統領府機密費の使用用途を法律で規制する政府の意向を記者会見で発表した。

 機密費の内約の一般開示は行わず、国会に特別監査部門を設置し、また国家会計検査院に機密費の使用用途の報告書を提出していく。

 カマチョ氏によればルゴ政権は政府機関の透明化を図る上で国民の税金がどの様に使用されているかを明確にしていく必要があるとの考えで、今回の機密費規制化を決定した、と伝えている。

 2009年度の政府予算案に組み込まれていた大統領府機密費は40億グアラニーに上り、ドゥアルテ大統領時代と比べると約20億グアラニー増加している。ルゴ大統領は給料を受け取らないと発表している事から、今回の機密費の増加が不自然であるとの疑念の声が各方面から上がり、また、ルゴ自身も7日(日)、「機密費はその名の通り機密である」と述べた事から、国民の間で不満が広がっていた。

 ワスモッシ政権時代迄は平均で50億グアラニーの機密費が予算に組み込まれており、ドゥアルテ政権で大幅に減少して20億~25億グアラニーとなっていた。

元大統領、ルゴ氏を擁護 
 ワスモッシ元大統領は10日、大統領府機密費はその性質上、一般開示はするべきではない、と伝えてルゴ大統領の立場を擁護した。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年9月15日号

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。