--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2008-01-31

時事斜断ー「女性政権の到来か?」




                       坂本邦雄

昨年末来、赤党コロラドの次期公認大統領候補者の指名争いが、
ニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領の推す「リスタ-5」の
前文部文化大臣ブランカ・オベラル女史と、「リスタ-4」の
対立候補者ルイス・カスティグリオニ前副大統領との間で
激しい接戦となり、12月16日当日の投開票では両陣営共に
各自が早々と勝利を宣言した。しかし、お互いに相手の選挙不正を
攻撃し、形勢は多少ブランカ・オベラル女史側に有利と見えたが、
これをカスティグリオニ派は認めない為に、赤党選挙管理委員会は
ブランカ・オベラル女史当選の決定公表を控え、
問題のネックと化したアスンシオン市の赤党第18支部管轄の
重要選挙区に限って、補正再予選を12月30日に
やり直す事にしたのは周知の通りである。

この結果はカスティグリオニ氏が執拗に主張していた通り、
同選挙区に於ける勝利が確認されたが、全国にわたる総票集計では
アスンシオン市、セントラル県、プレシデンテ・アジェス県、
カアグアス県、カアサパ県、アルトパラナ県を除く
他の13県では「リスタ-5」のブランカ・オベラル&
カルロス・マリア・サンタクルスの正副大統領候補コンビが、
4020票の差で「リスタ-4」のカスティグリオニ派を制した事が 
1月21日(月)に“選管当局”に依り発表され、
翌22日19:00時、赤党本部で開催された党大会で正式に
赤党公認次期正副大統領候補者として夫々宣言を受けた。

なお、「リスタ-5」を構成したブランカ派の地方県知事、
県会議員、自治体(市長/市会議員)や国会議員等の各立候補者も
公認された。

 赤党公認次期大統領候補に決まったブランカ・オベラル女史は、
「この上はリスタ-5もリスタ-4又は他の派閥リストも存在しない。
コロラド党員たる皆は過去の確執を忘れ、今度は“リスタ-5”に
代わった吾が新“リスタ-1”を中心に大同団結して、
来る4月20日の全国大統領総選挙戦の必勝を期し、
健全なる福祉国家建設を誓って、コロラド党悠久の政権存続に
努めるよう!」と呼び掛け、檄を飛ばした。

これ迄に至った幾多経緯の変遷は紙幅の関係で省略するが、
一方“負け馬”のルイス・カスティグリオニは飽くまでも
ブランカ・オベラルの勝利は不正選挙に依ったものである
と主張し、絶対に認めない姿勢を崩しておらず、
その無効性を最高裁判所にまで訴えると力んでいる。
何とも往生際の悪い醜態だが、なお自分は4月20日の
選挙では白紙投票で済ますと毒づいている。

更に悪いのは、カスティグリオニ派はブランカ・オベラル女史の
呼び掛けには耳を貸さず、コロラド党団結に協力しない 
態度を示している事である。  

一見すると、ブランカ・オベラル女史の政治前途は多難に
満ちているが如しで、自身も洩らしている様に、
伝統的にマチズモ(男権主義)が根強いこのパラグアイ
苟(いやしく)も一女性が大統領選挙戦にチャレンジするには、
先ず相当な抵抗がある事を覚悟しなければならない。
つまり一種の大きなジャンル上のハンディキャップがあるのである。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


なお、赤党古参の有力者ディオヘネス・マルティーネス氏
(元外務大臣)は、もしブランカ・オベラル女史が
パラグアイ初の女性大統領に選出された場合は、
ニカノル・ヅアルテ・フルトスを筆頭にする赤党強硬主流派の
影響下より離脱する必要がある。
さもなくば、かってのラウル・クバス政権の黒幕 
リノ・オビエドとの腐れ縁の如き轍を踏む事になり、
独自の政権運営が行えない、と云う意見である。

次いで、政界の曲者でパラグアイのラスプーチンに
例えられるフアン・カルロス・ガラベルナ赤党上院議員は、
アンドレス・ロドリゲス政権以来15年余りに亘り現役を
保って来た渡世術に長けた、且つ何かにつけて問題を起こす
政治家であるが、ワスモシ政権成立時(1993)には
対立候補ルイス・マリア・アルガニャの票を奪って、
アンドレス・ロドリゲス大統領が推す
フアン・カルロス・ワスモシを後継大統領に当選させた
工作に自分も関わった事実を暴露し、恰(あたか)も
今回もブランカ・オベラル女史の赤党次期公認大統領候補指名に
寄与したかの様な発言をして、世論の少なからぬ
顰蹙(ひんしゅく)を買った。

ブランカ・オベラル女史は、とんでもない事だと大いに不機嫌で、
こんなケシカラン人物は遠ざける様に努めている。

女性大統領と云えば、チリ国でラ米初めての公選に依る
ミチェレ・バチェレト女史が既におり、隣国アルゼンチンでは
昨年末クリスティナ・キルチネル大統領が晴れて就任した。   

かって同国のフアン・ペロン大統領の政権初期9年間を支え、
33才の若さで子宮癌で夭折した神話的なエヴァ・ペロン夫人の
如きカリスマ性の有無が問われるとしても、
吾がパラグアイでも今年はブランカ・オベラル女史が初の
女性大統領に当選し、その女性政権下に於いて素晴らしい
パラグアイ国が開花する事を大いに期待したいものである。
他方、次期政権奪取に野心を燃やす親伯派リノ・オビエド旧将軍(UNACE)の動きや虎視眈々(こしたんたん)たる
左派愛国改造同盟(APC/フェルナンド・ルーゴ&フェデリコ
・フランコのコンビ)等、何れの対抗勢力も 侮れなく、
今後4月20日の全国大統領総選挙へ向けての与野党各派の
選挙運動が激化するであろう。

ところで少々奇異に感じられるのは、前記の問題の
ガラベルナ発言を聞いてか何かの事情は分からぬが、
フェルナンド・ルーゴ元司教が或る外国の通信社との
インタービューで、「私が大統領選に勝っても就任できるか
どうかは疑問である。何故ならば例の赤党の常套詐欺手段で、
勝った選挙も奪われるだろうからである。
なお、諜報筋の忠告では私の殺害を狙う刺客が始終付き
纏(まと)っており 身の危険を感じている。」と、
“降らぬ前の雨傘を開いている”弱気の発言の他に、
健康上の心配も周囲の者に洩らしている、と云う事である。     

theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年1月31日号 政治 女性政権 パラグアイ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
パラグアイ時間

Asuncion

リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

天気
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。