--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2009-05-31

パラグアイの教育問題




  「時事斜断」                   坂本 邦雄

 我がパラグアイに於いて未(いま)だに始まらない唯一の闘争は即ち学識の闘争だ。教育や教化は学識其のものではない。学識とは受けた教えの理解力と其の理性的な応用が出来るか如何(どう)かの問題(機能性 文盲・Analfabetismo funcional)である。パラグアイでは或る程度の知識と教育が得られるが、其れを理解する能力の啓発は教えられていない。何故なればグアラニ語を基とする教育方式では知性の啓蒙は難しいからである。

 但し、パラグアイ人の文化知能の向上を妨げているのは必ずしもグアラニ語だけの所為(せい)ではない。其の裏にはスペイン植民地時代より今日に至るカトリック教の暗愚布教(あんぐふきょう)の影響がある。従い、パラグアイ人は新しい知識を受け入れず又は理解もせず、況(ま)してや“消化”し難いのである。

 カトリック教の教導(きょうどう)は公教要理(こうきょうようり)(Catecismo)に始まる。此れは検討(けんとう)も精査(せいさ)する事なく、教えられた通りの天啓(てんけい)を“丸呑み込み”する事である。斯かる教理(きょうり)が其の他全ての基本条理(きほんじょうり)を律する。依って、パラグアイ人は一度(ひとたび)信頼した、又は信じた人物には盲従的(もうじゅうてき)に追随するのが其の国民性なのである。端的(たんてき)に云って、パラグアイ人の進歩の最大の敵たる要素は所謂(いわゆる)Catecismo(教理)とグアラニ語なのである。

 少なくも、此れ迄に一度(いちど)たりともパラグアイで学生の基礎学力検定のアンケート又は分析が行われた事を聞いた例(ためし)が無い。学徒が如何(いか)なる学術教育を受けているか、且つ其の理解力と実社会での応用、又は時の為政者の施政方針を如何様(いかよう)に解し得るか等の未知数の疑問が山積している。そうして、グアラニ語話者、二ヶ国語話者(二重言語制度)及び純スペイン語話者のカテゴリーを区別する必要がある。此れ等の問題が解明されゝばイエズス会の遺産たるパラグアイの教育事情の実態が把握され、過去パラグアイの永久的な教育制度の欠陥が案外矯正出来るかも知れない。

 パラグアイの教育は法外な失政暦(しっせいれき)であり、従ってパラグアイ国の発展は常に遅れている。一国の発達は国民教育が進まなければ得難く況(ま)してや正に所謂(いわゆる)、知識能力が激しく争われる現代に於いてやである。我が国パラグアイは、一般国民が無知無能なるが為に必然世界の最後進国に位置するのである。無知とは単に物事を知らな過ぎると云うだけではなく、本質的に物事を理解できないバカを指すものである。

 故に、学識の闘争は基本的に宗教の影響を排除しスペイン語(Castellano)の力を徹底させ従来の教育方針を抜本的に改革させる事である。此れは特に近代グワラニ言語高等学院(Instituto de Linguistica Guarani Prof. Dr. Reinaldo J.Decoud Larrosa)等の運動があるに拘わらず、若し将来グワラニ語が私語化されるかも知れないとしても、国家発達の為には決断し、決行しなければならない革新だと思われる。元々グアラニ語は過去イエズス会の人為的創造に依ったもので、遺伝的な言語ではないのである。

 教育は文明であり英知を開く事である。而して、其れを阻止する如何なる要因も除去す可きである。未来に挑戦するには、場合に依っては陋習(ろうしゅう)の影響を敢えて剔出(てきしゅつ)しなくてはならない事もある。此の為には多くの場合、勇気を要する。然し、進歩たるものを目指すには国民の教育に依る学識の向上(機能性文盲の開化)が無くしては不可能な話しである。過去の間違いを認めず、依然として不変の旧態に甘んじるのは、即ち愚の骨頂と云うものである。 

(備考:此れはラ・ナシオン紙のコラムニスト、アルベルト・バルガス・ペニャ記者の可なり厳しい論説記事の 要旨を要略したものです)。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2009年5月31日号

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
パラグアイ時間

Asuncion

リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

天気
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。