--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2008-03-31

なかなか離陸出来ないブランカ候補




 「時事斜断」
                            坂本邦雄


来る4月20日の大統領総選挙が間近に迫っている処、各政党政派の立候補者は夫々全国に亘り選挙運動を活発に展開し互いに火花を散らしている。現下の形勢は、新聞紙上等の世論調査の傾向を見る限りでは、最も優勢なのは1-APC(愛国改造同盟)のフェルナンド・ルーゴ元司教、2-UNACE党のリノ・オビエド旧将軍、3-(赤)ブランカ・オベラル前文部文化相、及びずっと落ちて④愛国党のペドロ・ファヅール氏と云った順の人気であるが、最近は大分ブランカ女史が特にアスンシオン市や 首都圏の他にセントラル県で盛り返し、2位に進んでいる様子である。

然し、問題は昨年12月16日の赤党公認次期大統領候補指名レースでは勝敗がハッキリせず、対抗馬のルイス・カスティグリオニ前副大統領の抗議で予選のやり直しが同30日に行われ、結局は4020票の差で、ブランカ・オベラル女史が公認候補に決まった経緯は知られる通りである。処が此れでも往生際の悪いカスティグリオニは、ブランカの指名は不正投票に依ったものであると強調して已まず、再三のニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領やホセ・アルデレテ赤党総裁其の他の赤党有力者の説得にも拘らず、ペアの副大統領候補ハビエル・サカリアス前エステ市長と共に、ブランカを支持しない姿勢を依然として崩していない。一方で自派(前衛運動)支持者に対しては各自の自主行動(投票)に任すと 公言しているのも辻褄が合わない話しである。現に既にカスティグリオニ派の多くの支持者はブランカ・ オベラル候補に協力する旨の意思表示をしている。

カスティグリオニは予選後、鬱憤を晴らす為か家族連れで暫くアメリカへ外遊し、3月19日に 帰国した。空港には多数の支持者が盛大に出迎えた。此の際にカスティグリオニが如何なる目新しい所信表明をするか皆が関心を抱いていた処だったが、カスティグリオニは「我が“前衛運動・Vanguardia”の支持を求めるなら、ニカノルは庶子の“ブランカ及びサンタクルス”候補ペアに替わり、去る候補者予選で勝った吾が“カスティグリオニ&サカリアス”の正副大統領候補ペアに対し、先ずその正当なる勝利を返還しなければ話しは始まらない。何故なら我が“前衛運動”が赤党を率い、一致して来る4月20日の総選挙戦に臨むならば

ルーゴやオビエドを大きく引き離し、快勝するのは疑い無いからである。
それが引き続き赤党の政権維持を守り得る唯一の道である」と壮語して、ニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領に「最後通牒」を突き付けた。

かって故ストロエスネルが残した言葉に、「一赤党員の一番の良友はもう一人の赤党員である」と言うのがあり、赤党は従来党内で不和が生じても、一旦緩急時には大同団結する伝統を誇るが、今回は大分しこりが根強い様である。なお、青党リベラルなど野党各派は“お家騒動”で焦る赤党コロラドは、総選挙予定日(4月20日)の延期を工作している動きがあると非難したが、ブランカ・オベラル女史はその様な事実は全く無く、総選挙は予定通り行われ赤党は必ず勝利を収める決意であると反論した。
ニカノル大統領も、「何時も乍らの野党各派の出鱈目な憶測に過ぎない。野党側が望むなら今日にでも総選挙を行うのに異存はなく、カスティグリオニ派の支持が有る無しに拘らず、吾が赤党は絶対に勝って見せる」と、自信の程を示した。然し、何時までも駄々を捏ねるルイス・カスティグリオニに手を焼く赤党は今一つ纏まりが悪く、“ブランカ機のエンジン”が全開できずに離陸に手間取っているのも事実である。

此の様な処、目下優位にある対立候補フェルナンド・ルーゴ元司教及びリノ・オビエド旧将軍は、全国各地で両人とも盛んな選挙運動を着々と進めていて、テレビ等で見ても党員や支持者集会で中々良い威勢を示している。なお、去る2月11日(火)夜21:00時よりパラグアイ牧畜協会(ARP)の主催で開催された初めての公開パネルにブランカ女史(赤党)、オビエド旧将軍(UNACE党)、ルーゴ元司教(愛国改造同盟・APC)、及び愛国党(PPQ)のファヅール党主の各大統領候補者四人が揃って 参加し、会場を満たした約500名の聴衆を前にして、各候補者の施政方針の開陳があった後、質疑応答に移ったが、其の内容は大略して個人資産の保証、家畜窃盗の徹底取締り、治安の改善、法秩序の抜本的改革、イタイプ(伯)及びジャシレタ(亜)各二国制企業水力発電所の国際協定の不公平矯正の交渉、貧困削減の為の小零細農家組合組織化の達成、農地改革、民間資本の参画に依る公共協調 事業の促進活性化等々、各人各色の所信表明を行った。

無論ブランカ以外の各候補は現政府の無為無策を鋭く攻撃した。此の政治討論会はマリアノ・ロケ・アロンソ市所在のAPR(牧畜協会)の大講堂で、テレビジョン・テレフツロのオスカル・アコスタ司会者のガイドで進行し、生番組で放映されたものだが特に目立った政策改革案は認められなかった。然し、此処で一寸触れたいのはルーゴ候補の人気の一つの理由は不公平なイタイプ協定の見直しを図ってパラグアイ念願の正当な“エネルギー主権”の問題解決を唱え、ブラジル側が同協定は2023年まで改訂出来ないと云う規定に固執し、吾が国の要求に応じない場合はヘーグの国際司法裁判所に訴えると、強気のキャンペーンが民衆に受けている事に依る。  
詰まり、此のルーゴの主張が通れば、現在パラグアイがローヤルティ及び補整金の名目で得ている年間金額は国内総生産(GDP)の精々4%相当の3億7, 500万ドルに過ぎないものが、ブラジルへの売電が 市場時価で仕切れる様になると、約1兆8千億ドルに飛躍すると云う訳である。ブラジルでルーゴは既に頭痛の種になっていて政府やマスメディアも、イタマラティ(外務省)の大きな外交問題に成り兼ねないと云う意見で一致している。

なお、カスティグリオニ問題に関しては赤党内の有識者又は党員の間でも批判があり、元参議員で元外相のディオヘネス・マルティーネス氏は、カスティグリオニは此れ迄にも何度も 誤ったが、今回は自派正副大統領候補ペアの予選勝利を追認すべし、と迫るのは如何にも大人気のない話であると、テレビのインタビューで語った。そして、同氏は先日、ニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領を政庁に訪れ、政界に戻りブランカ陣営の必勝を期す可く、選挙キャンペーンの統率強化に協力を約した。    




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年3月31日号 政治 ブランカ・オベラル フェルナンド・ルーゴ カスティグリオニ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
パラグアイ時間

Asuncion

リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

天気
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。