--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2008-11-15

焼き肉大食いギネス新記録




  「時事斜断」                             坂本 邦雄

 去る10月26日(日)は我が国マスメディア界の長老、ウンベルト・ルビン氏の音頭の下に各界の 有志多数に依り組織された法外な焼肉大会が、アスンシオン市近郊マリアノ・ロケ・アロンソ市所在のパラグアイ牧畜協会(ARP)の敷地内600平米の野外用地で大々的に行われた。このイベントの目的は二つで、即ち ①はKUÑYÁ-ATY及びASOLEUの二慈善財団( 注:前者はウンベルト・ルビン氏夫人で婦人庁長官のグロリア女史が総裁を勤める )の募金集めの為で、婦女子虐待対策や子供達のガン又は白血病夫々のニーズに応えるものである。 そして、其の ②は21.740キロのバーベキュー鶏肉大食い競争でアメリカが1996年に樹立したギネス・ワールド記録を破る事にあった。

 因みに、今回のパラグアイの焼肉大会のキャッチフレーズは「歩くものは皆焼き串へ」であった。 此れはアルゼンチンが誇る19世紀の偉大な詩人ホセ・エルナンデスの名叙事詩の主人公のガウチョ(牧夫)、マルティン・フィエーロ(Martín Fierro)の名言“Todo bicho que  camina va a parar al asador”から採った文句で、“足のあるものは皆料理する”と言うアルゼンチン人の焼肉に対する態度と異性との出会いを要約する表現で、肉であれば何でも選り好みはしない、いわゆる伝説的なアルゼンチン・パンパスのガウチョ気質を表徴するものである。

 斯くして、連帯精神に富むパラグアイ市民の多数が「歩くものは皆焼き串へ」の呼び掛けに応じ、前日は心配された空模様も当日は幸い好天気に恵まれ、朝早くから大勢のボランティア焼き肉係が焼く肉の芳ばしい匂いと煙が立ち籠める会場に大挙して集まり盛況を呈した。 此の為にパラグアイ牧畜協会入り口前のトランスチャコ国道は交通渋滞が長時間に亘って続いた程であった。

 処で、此の様な途方もない大規模な焼肉大会が出来たのも近来パラグアイ国の畜産業が頓に質量的に発達し品種改良にも見る可きものが有るからこそで、牛肉の本場アルゼンチンの良質な肉と比肩する迄になった為で、当日は多くの生産業者や流通企業から提供された牛、羊、豚、鶏など「歩くもの」の美味しい焼肉を約5万人にも及んだ入場者が凡そ8時間の間に、“タラフク食ったも食ったり”、何んと当初の目標25トンを大幅に超えた28トンの牛肉その他をキレイに平らげたのである。然し、なお其れでも足りずに一悶着の挙句に1件15,000ガラニーの食券400枚程が払い戻されたと云う。其れにしてもパラグアイ人の胃袋は大したもので、ざっと計算しただけでも1人当たり半キロ以上の肉を食った勘定になる。

 慈善事業の為の称賛す可き募金運動とは言え、此の飽食振りは毎日食うや食わずの貧民層の事を思えば胸が痛くなる。世の中は何んとも不公平で皮肉なものである。 お陰でKUNYÁ-ATYとASOLEUの両慈善財団は夫々200,000,000ガラニーの小切手を受け取りホクホクである。

 当の大会プロモーターのウンベルト・ルビン氏は、ギネス・ワールド・レコーズ社派遣の証人立会いの下に「パラグアイ焼き肉大食い競争」のギネス・ブック入り新記録を宣言され、此のイベントの二つの目的に賭けた其の努力は充分に報われた訳で大いに御満悦である。

 此の壮挙は国際ニュースとして各国に広まったが、美味しい且つ安全なパラグアイ産牛肉の良い宣伝となり、世界で有数の食糧輸入大国である日本の厳しい市場でも将来充分受け入れられる様にでもなればパラグアイの為にも大変結構な話しではなかろうか。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年11月15日号

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
パラグアイ時間

Asuncion

リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

天気
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。