--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2008-02-29

時事斜断ー’08パ国大統領選の行方




                         坂本邦雄

年が明け激動の予感を孕(はら)む政治決戦の幕が開かれた。
皆の最大関心事である8月15日の政権交代に向けて、
全国総選挙に出馬する各政党政派の公認大統領候補者が出揃い、
いよいよ正念場の4月20日の投票期日を控えて、
この18日から正式に夫々の選挙運動がスタートしたが、
あと僅か2ヶ月の間に国民は、今後パラグアイの政治体制を
改善する期待に報い得る為政者に誰を選ぶか、賢明なる判断を
下さなければならない。

最近、ABC紙が選挙コンサルタント“First Análisis y Estudios”社に
委嘱して行った世論調査に依れば有権者の投票志向は、
1-APC・愛国改造同盟のフェルナンド・ルーゴ元司教が31・2%、
2-UNACE・国民連合道徳党のリノ・オビエド旧将軍が25・3%、
3-赤党コロラドのブランカ・オベラル女史が24・3%で、
4-PPQ・愛国党のペドロ・ファヅール氏は遥かに落ちて3・5%と云う傾向にある。

しかし、此処で 見逃せないのは、未だどちらとも踏ん切りが
つかない浮動票が11・1%も有る他に、無関心な層が
凡そ4・6%存在することである。

処で前記有力3候補者の中で、選挙用語で所謂(いわゆる)“固定票”の
確保率が最も有望なのはブランカ・オベラル女史であり、
次いでオビエドとルーゴの順で続く。従って、ブランカ・オベラル女史が
これから如何に例の浮動票や無関心層の票をより多く掘り起こし、
又は目覚めさせ得るかの“求心力”が 大いに見物である。

なお参考までに示すと、ブランカ・オベラル女史はアスンシオン市を
含む首都圏及びセントラル県では弱く、その他の地方では一般的に優勢である。
ルーゴ元司教はその逆で、リノ・オビエド旧将軍は全国に亘り
平均した票田を得ている様で、又一番マスメディアの風当りも少ない。

これ等、現下の形勢に触れて、赤党コロラドの有力リーダーたる
ディオヘネス・マルティーネス氏(元参議員、元外相)は、
APC・愛国改造同盟から大統領に立候補したフェルナンド・ルーゴ元司教は
相棒のPLRA・青党リベラルからの副大統領候補者フェデリコ・フランコ前
セントラル県知事とペアで来る全国総選挙戦に臨んでいるが、
仮に当選したとしても両者夫々の政治思想は全く正反対なので、
とても長続きはせず早々に仲間割れするであろうと予言している。

要するに、野党各派の合同勢力をバックに結成されたAPC・愛国改造同盟は、
確信的な左派思想のルーゴ元司教が次期大統領立候補の為の足場にしたもので、
謂(い)わばフェデリコ・フランコ副大統領候補の伝統派青党リベラルは
体よく利用されているに過ぎず、換言すれば国民(有権者)を欺(あざむ)く
詐欺であり、選挙終了の暁には国家全体の動揺(不安)も
招き兼ねないと云う訳である。一方、リノ・オビエド旧将軍は
何(どう)かと言えば、ブラジルには政財界で有力な親友や知人が多く、
「自分がパラグアイの大統領になった時は、大統領府にもう一人の
ブラジル大使が駐在していると思って頂きたい」、と公言する程に親伯家である。

なお、オビエド旧将軍と同じくルーゴ元司教も伯国パラナ州の
ロベルト・レキアン知事と親交が深く、選挙資金等の援助を受けていると
噂されるが、ルーゴ本人は資金面では世話になっていないと打ち消している。
しかし、ベネズエラの強硬左派指導者ウーゴ・チャベス大統領の資金援助は
得ている模様である。リノ・オビエド旧将軍は選挙運動で地方へ遊説に
出掛けたりする際は、近頃ヘリコプターをよく使用しているが、
これはレキアン知事から借用したとか又は贈与されたものだとか
中々巷のスズメ達はうるさい。

因みに、ABC紙とのインタービューでロベルト・レキアン州知事は、
「もし、自分がパラグアイ人だったら、リノ・オビエド旧将軍は
勿論古くからの親友であるが、どちらかと云えばフェルナンド・ルーゴ元司教に
票を入れるであろう、何故なれば自分のハート(心臓)は左にあるからである」、とジョーク混じりに答えた。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年2月29日号 政治 フェルナンド・ルーゴ パラグアイ大統領選

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
パラグアイ時間

Asuncion

リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

天気
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。