--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2009-02-28

陰謀ゲーム




 「時事斜断」
                                              坂本 邦雄


 若し民俗慣習のテレレと常食のマンジョ-カ以外にパラグアイ人を定義する特色を選ぶとすれば、其れは好みの政治陰謀であろう。パラグアイは植民地時代からの歴代の政府は、選挙に依った 立憲政権か又は革命政権かの如何を問わず、常習的に事実或いは架空の陰謀の中で政治が執り行われて来た。其の内で我々の記憶に未だ新しい近来の例を取って見るのも一興である。

 今月の2日ー3日はストロエスネル政権が崩壊してから満20周年を迎えたが、其の後、此の地の人達は恰も日常のスポーツの如く陰謀術策を弄(もてあそ)び、却(かえ)って其の傾向は日増しに酷くなっている様で ある。アンドレス・ロドリゲス将軍がクーデターでストロエスネル長期独裁政権を覆(くつがえ)して僅か数週間後には、嘗ての“善き時代を忘れ難い”ストロエスネル信奉者達が政権奪回を期して血生臭い逆クーデターを起こし兼ねない物騒な噂が盛んに流布され、市内の大統領親衛隊付近では恐怖の大衆心理が煽(あお)られた事を記憶される方も多いと思う。

 次の情けないフアン・カルロス・ワスモシ大統領(1993/98)は任期中を通じて、彼の“即位”(政権樹立)を可能ならしめた立役者、リノ・オビエド将軍の不断の揺(ゆ)さ振(ぶ)りに脅(おびや)かされ、且つマスコミ 筋の“アンテナ”は毎日の様に騎兵師団の機甲部隊の穏やかならぬ出動やワスモシ/アルガニャ派シンパの逮捕等のタ(まこと)しやかな噂がキャッチされ、一般民衆は不安の念に駆られた。

 ワスモシ政権に続いたラウル・クバス大統領(1998/99)は、政治判断の誤りと自主性の欠如で(常にリノ・オビエドに操られ、借り物の政権の座に居た)、自分自身の陰謀の虜(とりこ)になり、僅か7ヶ月で政権を放りだしてブラジルへ亡命せざるを得ない羽目に陥った。
 
 クバス大統領の辞任の後を継いで登板したのがルイス・ゴンサレス・マキ国会議長だった(1999-03)。然し、此れは憲法が定める大統領職継承順位(大統領→副大統領→国会議長→衆院 議長→大審院長官)に依り、当然昇格す可きだった時のルイス・マリア・アルガニャ副大統領が暗殺された為に“お鉢が運良く廻って来た”だけの事で、選挙で選ばれた役回りでもなく、決して大統領の器ではない酒好きの人物だったのである。其れだけに色んなエピソードがあり、酔っ払って一度はブルビシャローガ官邸のプールにスンでの事に落っこちる処だったが落ちもせずに済んだ。そして此のプールの件は象徴的な話しだが、ゴンサレス・マキは何時追い出されても可笑しくはない無能な大統領だった。
 
 其の次のニカノル・ヅアルテ・フルトス政権(2003/08)は、上記各歴代政権よりも或いは一番 陰謀問題の話が少なかった政府だったかも知れない。パラグアイの国民は始めて民主主義の定石下で共生する術を漸く覚えたかの如しで、パラグアイの政治文化とも云える此れ迄の輪番為政者の実力行使に依る強権のゴリ押しを恐れないでも済むかの様に見えた。然し、残念なのは政権後半に至り、ニカノル 自身が其のルールのブチ壊しに当たり政界の抗争を刺激し、行政の不安定性等を来たし、不穏な雰囲気を醸し出した事は罪である。

 処で、今度は国民の大(おおい)なる期待の下に“登極(とうきょく)”したフェルナンド・ルーゴ元司教は如何(どう)かと言えば、新政権発足後数週間も経たない内にルーゴは大統領府で仰々しく共同記者会見を招集し、 コロラド党とUNACE党(即ちニカノルとオビエド)が密会しルーゴ政権追い落しの陰謀を企てたと告発し、国民は此の種の不穏な動きに注意する様に呼びかけて、国内外で大きなニュースとして伝えられた。なお、一方立法府では“国会危機”なる一連の“陰謀めいた”騒動が起こり、ルーゴ大統領は国会の強行解散も辞さない発言をし、社会団体のバックで今後は国を統治する意向を仄めかせたりした。ニカノルやオビエドはルーゴの陰謀恐怖症を笑止千万な取越し苦労だと笑っているが、何とも一般の市民にして見れば迷惑な困った事である。ルーゴ政権の到来で平穏な福祉政治を期待した多くの国民は早くも失望感を味わい、「何時になったら我々はフザケタ国から真面目な国へ脱出できるのだろうか?」と嘆くのである。何(どう)も右よりの筆者などは、ストロエスネルの独裁政権は嫌いだったが、ストロエスネルの様な 強烈なリーダシップの為政者にあらざれば、此の国は未だ到底治め切れないのではと思う。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2009年2月28日号

2009-02-15

日系ジャーナル・2009年2月15日号の主な国内記事タイトル




◆コカ・コーラ等のステビア導入を受けてパラグアにに6500万ドルの大型投資

◆大豆生産量4割減
 穀物価格の下落に干ばつの二重苦

◆隣国アルゼンチン、ウルグアイが大干ばつで酪農に大打撃

◆イランはパ国の大豆や肉の輸入に興味を示している

◆フレックス車に改造
 10万キットを輸入

◆軍隊全員にチャコ地域勤務を義務化

◆他

 ==========

◆休憩室ー2009年2月15日号

◆時事斜断 『梨野(りの)氏と大浜(おばま)氏との電話の遣り取り』

◆第30回 全パ日系バレーボール大会
 盛況裡に開催

◆第22回全パラグアイ青年野球大会

◆他





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2009年2月15日号

2009-02-15

休憩室ー2009年2月15日号




 早朝、神学校の公園を散歩した後、時折、近くのカフェテリアでパンとコーヒーの朝食をとる。

 その店の前に「Bohemia」という花屋がある。ボヘミアと言えば確かチェコの地方の名前だ。

 ボヘミアン(ジプシー)という語もこの辺に由来する。

 この花屋も流れ流れて当地に来たのだろう。そういえば人は皆、漂泊のボヘミアンだ…。

 近頃、韓国ドラマを良く見るようになった。ここパラグアイでも「海神・チャンボゴ」「チャングルの誓い」を2つのTVが放送している。これらはNHK・BSでも放送したので、スペイン語版があると言うことは勿論、英語版もあるのだろう。マンガ、アニメは日本を代表するものだが、日本のドラマが海外で放送されたのは「おしん」位しか思い浮かばない。

 日本と韓国のドラマを比較するとキムチ&プルゴギの韓国料理とタクアンにお茶漬けサラサラの民族性、文化の違いを実感する。

 韓国ドラマは、波瀾万丈のストーリーで中身がコッテリと濃く面白い。

 ストーリーの基本にあるのはまさに“恨”でその復讐に全身全霊を賭ける主人公たち。その“恨”の原因となる過酷な苦難が執拗に描かれる。

 その辺は我々お茶漬け民族にとってはやや重い。

 韓国ドラマがパラグアイに迄、放映されるようになった背景は、国を挙げての映画産業促進政策があった。

 韓国の中年以上の人たちの嫌いな国のトップは日本だが、20歳代の回答ではアメリカ、北朝鮮、中国、日本という順番になる。

 その一番の理由がワールドカップ日韓共催効果だという。その時、初めて両国の若者が相手チームを応援したことによる。韓国政府は最近迄、日本の文化植民地になることを恐れて日本映画や音楽、日本語のラジオ・テレビの視聴を禁止していた。

 しかし、昨今は韓国経済の興隆で日本コンプレックスが消えたことから日本文化の輸入制限を大幅に緩和した。結果、両国の文化が自由に広まっていった。韓国の文化戦略恐るべし!





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : 南米の臍から地球を読む
genre : 海外情報

tag : 2009年2月15日号 休憩室

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。