--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2009-05-15

日系ジャーナル・2009年5月15日号の主な国内記事タイトル




◆休憩室ー2009年5月15日号

◆国内での石油探索に明るい兆し

◆政治色の強い青年集会が軍基地で開催され物議を呼ぶ

◆政府への抗議デモは思ったような結果が得られなかった

◆ルゴ大統領、態度を一変して最低賃金の引き上げを決定

◆長く続いた干ばつに恵みの雨
 損失の軽減を期待とARP会長

◆国民の半数が薪か炭で料理を調理している

◆時事斜断 『悪夢の復帰』

◆連合会の仲立ちでパラグアイの子供達に車イス80台を贈呈

◆他





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


スポンサーサイト

theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2009年5月15日号

2009-05-15

休憩室ー2009年5月15日号




 靴脱いで、バンドも外し、コインに腕時計も外し、これでOKとゲートをくぐったが、ピピッ!
「カムオン!」色の黒い検査官2人、手に持った検知器で身体中を探る。検査をする方が、どうやら新人らしい。先輩検査官が「ああだ、こうだ」と検査のイロハを新人に教える。

 何のことはない。新人研修のモルモット代わり十数分、結局なにもなし。笑うしかないっしょ…。
 ここは、泣く子も黙るニューヨーク!ピピッ!の通関感知器は超好感度だが、豚インフルエンザの防疫体制はオソマツの一語。米国空港職員の誰一人マスクをつけていない。

 これじゃ~感染者が拡大する筈だ。

 ガガ~ッ!成田着。即、マスクに白い看護服の検疫官が数人乗り込んで来る。機内検疫約1時間。
 日米の危機感の格差に口アングリ。

 かっての狂牛病騒動の時も日本政府調査団が米国に行き関係先を調査して「問題なし」と政府発表を行った。

 一方、民間の牛丼チェーン調査団も米国に行って関係先を調査した結果、ずさんな検査体制を目の当たりにして「とても米国産牛肉は使えない」と結論を下した。その後、米国は「狂牛病」という名称を「BSE」と表示変更し、日本もそれに倣った。

 今回も「豚インフルエンザ」という名称を「新インフルエンザ」という呼称に替えた。何のことはない。
米国産牛肉や豚の輸出に悪影響が出るからだ。
 
 それにしても今回の豚インフルエンザ騒動は謎だらけだ。

 そもそも豚が起源とされるが、大量の感染者が出ているメキシコでも養豚場で広まっている報告例はなく、関係者は首をかしげている。

 これ迄、騒いできた鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」は強毒でニワトリなどが大量死していた。

 米疾病対策センター(CDC)によると、このウイルスは、北米の豚と北米の鳥、人のインフルエンザウイルスのほか、ユーラシア大陸の豚のウイルスの遺伝子が混じっていると言う。
 フ~ム、研究室で人口培養されたってか…?





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : 南米の臍から地球を読む
genre : 海外情報

tag : 2009年5月15日号 休憩室

2009-05-15

国内での石油探索に明るい兆し




パラグアイ北西部に油田を確認

 チャコ地方で石油探索を続けてきた英国資本の民間企業CDSエネルギー社は6日、公共事業通信省で記者会見を開き、ボケロン県のボケロン探鉱区およびガビノ・メンドサ探鉱区で油田を確認した事を発表した。

 CDSエネルギー社のベルナルド・ベルドゥ副社長は「ボケロン探鉱区・ガビノ・メンドサ探鉱区周辺には2億4千300万バレルの軽質油、1610億立法メートルの天然ガスが埋蔵されている事が地質研究により予測される」と伝えた。
 
 ベルドゥ副社長は油田の開発に今後3の油井を掘削する事を伝え、「それぞれ1500~2000メートル掘り下げる必要があり、1500万ドルのコストがかかる」と見積もっており、2010年には最初の油井の掘削にとりかかる。

 CDSエネルギー社が政府に提出した報告書にはボケロン区には石油が1億7400万バレル、エミリア・エステ区には石油3800万バレル・天然ガスが210億立法メートル、ガビノ・メンドサ区には天然ガス1400億立方メートルが埋蔵されている可能性がある事を伝えている。同区はボリビアのサン・アルベルト及びサンアントニオ油田から距離的にそんなに離れていない。

 2億4千300万バレルの軽質油の埋蔵量が確認されれば「国内の需要25年間分にあたる」とエネルギー鉱業庁のファテチャ次官が伝えた。


アラブ企業が注視
 ルゴ大統領は今回の発見を大いに喜び「多くのアラブ企業がパラグアイでの石油探索に興味を抱いていることからボケロン県での発見は大きな追い風になる」と述べている。

 今回の発見により国内での石油探索は更に進む可能性が出てきており、ファテチャ次官によるとアルトパラナ県にも石油探索が行われる事を明らかにした。


世界規模での石油埋蔵量
 2007年11月以来、ブラジルの国営石油会社ペトロブラスによる油田の発見が続いている。まず海底油田「トゥピ」(確認埋蔵量50億~80億バレル)。その後発見された同規模の天然ガス鉱区「ジュピター」。そして、昨年の4月にブラジル石油監督庁のハロルド・リマ長官が、「カリオカ」という開発中の海底油田の原油・ガスの埋蔵量を非公式ながら最大で330億バレルにもなると発表した。この埋蔵量が確認されれば、少なくとも過去32年間で世界最大規模の発見となる。

 ベネズエラの政府公報によると、昨年12月31日時点の同国の原油確認埋蔵量が1723億バレルに上方修正され、世界最大のサウジアラビアに少し接近した。

 現在、世界の石油埋蔵量の9割近くは国営企業に支配されている。民間企業は世界的に形勢が不利になりつつあり、ブラジルの出方を不安気に見守っている。

 ベネズエラ、エクアドル、ボリビア、アルゼンチン政府は最近、石油・ガスの採掘権料の急激な引き上げや、現地での低価格販売に限って民間企業に生産を許可する方針を打ち出してきている。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : 海外ニュース
genre : ニュース

tag : 2009年5月15日号

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
パラグアイ時間

Asuncion

リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

天気
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。