--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2008-07-15

日系ジャーナル・2008年7月15日号の主な国内記事タイトル




◆レオパードバイクの売り上げが順調

◆ステビアが正式に食品添加物として世界的に認められた

◆米国やスペインに居住するパラグアイ人移民、二重国籍を求める

◆遺伝子組み換えのマンディオカは、たんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富

◆欧州連合(EU)はパラグアイ肉の再輸入を認可

◆アスンシオンと首都圏のスーパーマーケットは販売で17 %増加

◆若者の間で精神安定剤の服用広まる

◆先住民は先祖の土地に帰れず

◆他

 ==========

◆休憩室ー2008年7月15日号

◆時事斜断 「ルーゴの十戒」

◆渡部和男大使着任

◆君の名は”万宝の森”イグアス日会が命名

◆アスンシオン成人式

◆他







ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


スポンサーサイト

tag : 2008年7月15日号

2008-07-15

休憩室ー2008年7月15日号




 満開の桜がそれはそれは見事だった。「ラパチョはきれいだけど、今ひとつ風情がないね。日本人にはやはり桜の方がそこはかとない情緒があってあうね」とイグアスのKさん…。

 彼の庭に今を盛りと咲き誇るのは、ヒマラヤ桜…。
“花は桜木 人は武士 柱は桧 魚は鯛 小袖はもみじ 花はみよしの”とは、自由奔放で、奇行が多かったと言われる一休禅師の言葉だ。

 今年の冬は寒さが早く来たせいか、ここ最近暖かい日が続いている。

 桜の開花とともにイグアス移住地には明るい話題が続いている。大阪万博基金による旧JICA事務所の「匠センター」の建築が始まった。また、診療所隣に草の根資金による「機能回復センター」の建設も決まり福祉施設も充実してくる。さらには同移住地背後地にあるイグアス発電所も新政権発足後に本格的な工事が始まるものと思われる。こんな明るい展望を前にして新たなペンションも登場した。今やパラグアイを代表するモデル植林地区になった同地に日本からの視察団の訪問もいろいろ予定されている。

 “文化と匠の里イグアス”に馴染みの深い歌手井上ゆみさんの特集番組が過日、NHKで放送された。これはブラジル日本人移民100周年に因む番組だったが、ここ10年近く、ひたすら南米の歌姫として地道に頑張ってきたゆみさんに乾杯!

 また、重度の障害を抱えて歌う中平マリコさんのパラグアイ公演も近い。マリコさんは全日本歌謡選手権の最年少優勝者として華々しくプロデビューしたのだが、舞台上の事故で長い闘病生活を余儀なくされた。12年間ものブランクを経て復活を果たし、南米公演を続けている。

 演歌歌手に続いて登場したのが京都からやって来たシャンソン歌手波多野まきさんだ。1カ月のパラグアイ滞在を経てシャンソンの街パリに飛んだまきさんから便りが届いた。今や第2のふるさとになったパラグアイにパリの人気アコーデオン奏者と共に来年、来パして本格的公演を行いたいそうだ。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年7月15日号 休憩室

2008-07-15

ステビアが正式に食品添加物として世界的に認められた




 パラグアイ・ステビア会議所(Capaste)の会長ファン・カルロス・フィッシャー氏が第69回FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)(6月17~26日)で、Steviol glicosido (ステビアの成分)を正式に食品添加物として認められたことを7月4日、発表した。この認可獲得迄、2000年から8年かかった。

 これで、パラグアイ産のステビアは世界中に制限なしに輸出が可能になった。今までは”摂取しても安全”のカテゴリに属していたため輸出も限られていた。

 フィッシャー氏は、パラグアイの研究者がリードして行った長い研究結果の成果であり、ステビアへの情熱と忍耐力があったからこそ出来た、と喜びを語った。

 ステビアをパラグアイの一国一品にする為にも次期政権がこの成果の重要度を認識してステビアの発展に協力することを求めた。

 フィッシャー氏によれば、次はこの証明書をヨーロッパのECFAと米国のFDA(食品と薬品管理局)に送り、正式に自由貿易品目とする手続きをとる、と述べた。
 
 農牧省もこの成果をもたらした公共と民間企業の働きを賞賛し、パラグアイ産天然のカロリーゼロの甘味料としてのステビアの栽培と輸出量(原料と製品化)を増やすいい機会だ、とした。

*1899年にモイセス・ベルトニ学士がKa`a He`eを発見し植物に分類した。1960年に初めてルイス・エンリケ・デ・ガスペリ氏が商業用として70ヘクタールの栽培を始めた。現在、全国で約2000ヘクタール栽培している。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年7月15日号 ステビア

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
パラグアイ時間

Asuncion

リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

天気
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。