--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2008-06-15

3年間で農地価格が2倍に値上がり




農業用地はこの3年間ですごい値上がりを見せている。専門家によるとこの農地価格の上昇は、昨今、世界的に農産物需要が増え、その中でも大豆やサトウキビの需要が多く、また値段も良いため農家の栽培意欲が刺激されたことによる、と指摘されている。

このような背景により、今まで牧畜に使われていた土地が農地に転用され、牧畜業は西部方面に安い土地を求めて移動し始めた。

TASADOR RURAL社によると、以前、サン・ペドロ県、カニィンデジュ県とカアグアス県は牧畜業が盛んだった県だが、10年前から値段が良い大豆畑に転用されていることを明らかにした。

結果としてチャコ地方へ牧畜は移動する事になり、土地の需要が増え価格も上がっている。チャコ地方は1ヘクタール当たり平均250ドルだったが、この3年間で値上がりし、現在、1ヘクタール当たり平均500ドルに値上がりした。
一方、アルト・パラナ県では2005年までは1ヘクタール当たり、1500ドルから1800ドルで購入出来たが、現在は1ヘクタールを最低3500ドル払わなければ購入出来ない。

生産指数
パラグアイ開発金融会社(AFD)の会長ヒルトン氏によると大豆、麦、サトウキビ、肉などの日用品の値段が4倍も値上がりしていることもあり、また、土地の肥沃度により価格も異なり、現在、4倍も値上がりしている土地がある。また、隣国から土地を買いに来ているが、特にアルゼンチン人が多く、彼らは普通より高い値段で購入している、とも述べた。

一方、牧畜業者の社長クラッセン氏によるとバイオ燃料の価格も上がり、今まで人間の食料向けの穀物類等が現在、バイオ燃料へと代わってきたことも土地価格高騰に大きく影響している、と語った。

パラグアイ各地方の価格 (1ヘクタール当り)
◯アルト・パラナ県: 3500ドル~
◯サンタ・リタ、サンタ・ロサ:4000ドル程度
◯サン・ペドロ県:850ドル~900ドル(未耕地)
         2000ドル以上が耕作可能
◯チャコ(ボリビアと隣国):70ドル~
◯チャコ(メンノニィタ):500ドル~
◯ コンセプシオン県:300ドル~

アルゼンチン (2007年度の価格1ヘクタール)
◯農業地:8500ドル~
◯牧草地:3500ドル~
◯牧畜地:1500ドル~
◯トウモロコシ地:平均8500ドル
※地域により農地は12000ドルまでの値がある。

ブラジル (現在の価格)
◯農地:7000ドルから





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : 海外ニュース
genre : ニュース

tag : 2008年6月15日号

2008-06-15

世界の旺盛な牛肉需要をカバーするため、もっと肉牛増産を




パラグアイ代表団はフランス・パリで行われた国際獣疫事務局(OIE)の会議に出席し、パラグアイの肉は非常に優秀だ、との認証を受けた。代表団にはSenacsaの代表ウゴ・コラレス氏とパラグアイ農牧協会(ARP)の会長ファン・ヌニェス氏が参加した。ヨーロッパから戻ったパラグアイ代表団の一人、牧場経営者マリス・ジョレン氏はパラグアイはパ国内と世界的な需要に応じるためには、肉牛を1500万頭に増やす必要があると語った。

また、ヨーロッパ向けのパラグアイ牛肉の輸出がすぐ始まるので、他国の需要を全てカバーするのは厳しいため、有利な価格を優先して他の市場への輸出をキャンセルすることもやむを得ない、と語った。

ARPのデーターによると、パラグアイの肉牛数は1050万~1100万頭だが、この数は世界各国からの需要をカバーするには、到底足りないとジョレン氏が述べた。

パラグアイ産肉に開かれている市場は沢山あるので選別する必要がある。1500万頭になれば各国の需要に応えることが出来、将来の安定と成長につながる、と強調した。

肉牛の数を増やすには、牧場主がもっと遺伝子テクノロジーや牧草の品質を上げる事や、ARPが技術提供すると同時に銀行融資などの手助けをする必要がある。ジョレン氏は「今、牧場主がもっと牛の数を増やす為に真剣に努力するべきだ。世界中が今、牛肉を必要としているので、この最大のチャンスを逃すべきではない」と語った。

パラグアイは世界市場の需要に応えねばならない
セブ牛生産者連盟のフィデル・サバラ会長は、国際連合食糧農業機関(FAO)によれば、2025年には世界人口は80億人になると言われており、この人口の需要に応える為にも、パラグアイは肉の生産量を43%、穀物を45%、木材製品を27%増やす義務がある、と述べた。






ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : 海外ニュース
genre : ニュース

tag : 2008年6月15日号

2008-06-15

国民性の問題




「時事斜断」

                                 坂本 邦雄

戦前のラ・コルメナ移住地建設初期の時代に拓務省派遣のある理事官が本省へ送ったパラグアイ事情報告書の一節に、「パラグアイ人の多くはスペイン人とガラニー族の混血人種であるが性格は温厚で、毎日曜日は教会のミサで礼拝を欠かさない善男善女で、敬虔なカトリック教徒である。人種偏見がなく、人情が厚く至って日本人にも親切で、スペイン人の血を引く美人の多い国である云々」、と云う様な記述があったのを記憶する。此れは、日本から短期赴任で来た人達が先ず一様に受けるパラグアイの最初の好印象を端的に物語る、つまり世に良く云われる「第一印象」の大切さを示すもので、パラグアイの良い一面でもあり結構な事である。然し、一方ではスペイン語が堪能で通訳などは必要とせず、パラグアイ人との交際が自由自在だったある元日本大使は、パラグアイ人は昔例の三国戦争で随分痛め付けられたりした色んな事情で僻(ひが)み根性があり、隣国のブラジル人やアルゼンチン人に比べると陰険で一寸暗い面があって、裏切り者なので油断は出来ない等と云った厳しい見方もある。こういう事情は、普通はパラグアイに長く住まなければ中々分からない事である。

最近、新聞などの記事を見ていたら心ある有識者間の自己批判的なオピニオンが目に付いた。それは近来のパラグアイの世相の動向を爼上(そじょう)に乗せた正鵠(せいこく)を得たもので、言わば次の様な事である。

即ち、1-パラグアイ人たるを自負するのは良い事である。然しその土着民族の誇りが国家発展の妨げになるのであれば話は変わって来る。2-近来歴代のワスモシ、クバス及びゴンサレス・マキ何れの政権も無能であった。ニカノル現政権にしても然りである。問題は此れ等各政権の測り知れない腐敗又は横領(ドロボウ行為)に存するのではなく、それを許す“国政の原料”である我々市民自体に責任があるのだ。3-伝統の道徳観念を以って家族を大切にし隣人愛を基調とする精神よりも、巨万の悪財を一朝一夕にして築く“特技”を恰(あたか)も“徳行”の如く評価する、南米生れの混血クリオーリョ特有の狡賢(ずるがしこ)さを喝采する風潮の国に我々は属するのである。4-隣家の有線テレビの盗視聴やANDEの盗電又はESSAPの水道等を上手く盗んで痛快に思う類の市民の国に我々はいるのである。なお、雨が降る度に家のゴミを平気で街に流し、或いは人の空地に臆面もなくゴミを捨てたりする自分の罪は棚に上げて、一方では吾が市役所は街路や公園を全く直さない等と声高に其の怠慢を責めるに戸惑いはしないと云った“公衆道徳”の国に我々は住んでいるのである。5-運転免許証や医師診断書が楽に買えたり、道路は歩行者優先ではなくて、自動車が我が物顔に横行する国である。人々は法反則の常習犯であっても、為政者を厳しく批判したり攻撃はする。
なお、密輸品を好んで求めコントラバンドを栄えさすが、病院には薬剤が揃っていない始末に不平で、文句を並べ立てると云った調子である。

この様な処、結局は「真面目な国パラグアイ」の開花を望むには、本当に吾が国を愛するシーリァズな男女市民が必要である。歴代の大統領は全て此処で生を享けたパラグアイ人である。而して、次期大統領ルーゴ元司教は、ニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領と同じく斯かる“原材料”(人的資源、国民)の上に立って施政を執り行わなければならないのである。然し、我々はこれからは進歩しなければならない。変わらなければならない。如何に此れ迄とは違った意気込みの異色の次期大統領を迎えたと言えども、旧態依然とした次元の低いパラグアイ人を相手では何も成す事は出来ないのである。さては大そう難しい国民性の問題ではある。ある国会代議士は、フェルナンド・ルーゴ元司教は天主が遣わし給もうたパラグアイの救世主だと言ったが、これからは神頼みで神様にお祈りでもするか。アーメン!



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年6月15日号

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
パラグアイ時間

Asuncion

リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

天気
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。