--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2008-03-31

なかなか離陸出来ないブランカ候補




 「時事斜断」
                            坂本邦雄


来る4月20日の大統領総選挙が間近に迫っている処、各政党政派の立候補者は夫々全国に亘り選挙運動を活発に展開し互いに火花を散らしている。現下の形勢は、新聞紙上等の世論調査の傾向を見る限りでは、最も優勢なのは1-APC(愛国改造同盟)のフェルナンド・ルーゴ元司教、2-UNACE党のリノ・オビエド旧将軍、3-(赤)ブランカ・オベラル前文部文化相、及びずっと落ちて④愛国党のペドロ・ファヅール氏と云った順の人気であるが、最近は大分ブランカ女史が特にアスンシオン市や 首都圏の他にセントラル県で盛り返し、2位に進んでいる様子である。

然し、問題は昨年12月16日の赤党公認次期大統領候補指名レースでは勝敗がハッキリせず、対抗馬のルイス・カスティグリオニ前副大統領の抗議で予選のやり直しが同30日に行われ、結局は4020票の差で、ブランカ・オベラル女史が公認候補に決まった経緯は知られる通りである。処が此れでも往生際の悪いカスティグリオニは、ブランカの指名は不正投票に依ったものであると強調して已まず、再三のニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領やホセ・アルデレテ赤党総裁其の他の赤党有力者の説得にも拘らず、ペアの副大統領候補ハビエル・サカリアス前エステ市長と共に、ブランカを支持しない姿勢を依然として崩していない。一方で自派(前衛運動)支持者に対しては各自の自主行動(投票)に任すと 公言しているのも辻褄が合わない話しである。現に既にカスティグリオニ派の多くの支持者はブランカ・ オベラル候補に協力する旨の意思表示をしている。

カスティグリオニは予選後、鬱憤を晴らす為か家族連れで暫くアメリカへ外遊し、3月19日に 帰国した。空港には多数の支持者が盛大に出迎えた。此の際にカスティグリオニが如何なる目新しい所信表明をするか皆が関心を抱いていた処だったが、カスティグリオニは「我が“前衛運動・Vanguardia”の支持を求めるなら、ニカノルは庶子の“ブランカ及びサンタクルス”候補ペアに替わり、去る候補者予選で勝った吾が“カスティグリオニ&サカリアス”の正副大統領候補ペアに対し、先ずその正当なる勝利を返還しなければ話しは始まらない。何故なら我が“前衛運動”が赤党を率い、一致して来る4月20日の総選挙戦に臨むならば

ルーゴやオビエドを大きく引き離し、快勝するのは疑い無いからである。
それが引き続き赤党の政権維持を守り得る唯一の道である」と壮語して、ニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領に「最後通牒」を突き付けた。

かって故ストロエスネルが残した言葉に、「一赤党員の一番の良友はもう一人の赤党員である」と言うのがあり、赤党は従来党内で不和が生じても、一旦緩急時には大同団結する伝統を誇るが、今回は大分しこりが根強い様である。なお、青党リベラルなど野党各派は“お家騒動”で焦る赤党コロラドは、総選挙予定日(4月20日)の延期を工作している動きがあると非難したが、ブランカ・オベラル女史はその様な事実は全く無く、総選挙は予定通り行われ赤党は必ず勝利を収める決意であると反論した。
ニカノル大統領も、「何時も乍らの野党各派の出鱈目な憶測に過ぎない。野党側が望むなら今日にでも総選挙を行うのに異存はなく、カスティグリオニ派の支持が有る無しに拘らず、吾が赤党は絶対に勝って見せる」と、自信の程を示した。然し、何時までも駄々を捏ねるルイス・カスティグリオニに手を焼く赤党は今一つ纏まりが悪く、“ブランカ機のエンジン”が全開できずに離陸に手間取っているのも事実である。

此の様な処、目下優位にある対立候補フェルナンド・ルーゴ元司教及びリノ・オビエド旧将軍は、全国各地で両人とも盛んな選挙運動を着々と進めていて、テレビ等で見ても党員や支持者集会で中々良い威勢を示している。なお、去る2月11日(火)夜21:00時よりパラグアイ牧畜協会(ARP)の主催で開催された初めての公開パネルにブランカ女史(赤党)、オビエド旧将軍(UNACE党)、ルーゴ元司教(愛国改造同盟・APC)、及び愛国党(PPQ)のファヅール党主の各大統領候補者四人が揃って 参加し、会場を満たした約500名の聴衆を前にして、各候補者の施政方針の開陳があった後、質疑応答に移ったが、其の内容は大略して個人資産の保証、家畜窃盗の徹底取締り、治安の改善、法秩序の抜本的改革、イタイプ(伯)及びジャシレタ(亜)各二国制企業水力発電所の国際協定の不公平矯正の交渉、貧困削減の為の小零細農家組合組織化の達成、農地改革、民間資本の参画に依る公共協調 事業の促進活性化等々、各人各色の所信表明を行った。

無論ブランカ以外の各候補は現政府の無為無策を鋭く攻撃した。此の政治討論会はマリアノ・ロケ・アロンソ市所在のAPR(牧畜協会)の大講堂で、テレビジョン・テレフツロのオスカル・アコスタ司会者のガイドで進行し、生番組で放映されたものだが特に目立った政策改革案は認められなかった。然し、此処で一寸触れたいのはルーゴ候補の人気の一つの理由は不公平なイタイプ協定の見直しを図ってパラグアイ念願の正当な“エネルギー主権”の問題解決を唱え、ブラジル側が同協定は2023年まで改訂出来ないと云う規定に固執し、吾が国の要求に応じない場合はヘーグの国際司法裁判所に訴えると、強気のキャンペーンが民衆に受けている事に依る。  
詰まり、此のルーゴの主張が通れば、現在パラグアイがローヤルティ及び補整金の名目で得ている年間金額は国内総生産(GDP)の精々4%相当の3億7, 500万ドルに過ぎないものが、ブラジルへの売電が 市場時価で仕切れる様になると、約1兆8千億ドルに飛躍すると云う訳である。ブラジルでルーゴは既に頭痛の種になっていて政府やマスメディアも、イタマラティ(外務省)の大きな外交問題に成り兼ねないと云う意見で一致している。

なお、カスティグリオニ問題に関しては赤党内の有識者又は党員の間でも批判があり、元参議員で元外相のディオヘネス・マルティーネス氏は、カスティグリオニは此れ迄にも何度も 誤ったが、今回は自派正副大統領候補ペアの予選勝利を追認すべし、と迫るのは如何にも大人気のない話であると、テレビのインタビューで語った。そして、同氏は先日、ニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領を政庁に訪れ、政界に戻りブランカ陣営の必勝を期す可く、選挙キャンペーンの統率強化に協力を約した。    




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年3月31日号 政治 ブランカ・オベラル フェルナンド・ルーゴ カスティグリオニ

2008-03-15

政治と黄熱病




時事斜断
                       坂本邦雄

黄熱は熱帯アフリカと中南米の風土病で、
通称「国土病」とも呼ばれネッタイシマカ(Aedes Aegypti)
などの蚊に依って媒介される。日常生活に於ける人から人への
感染はない。ネッタイシマカ(ヒトスジシマカ)は、
同じく怖ろしいデング熱のベクトルでもあり、
その繁殖源である水溜り、古タイヤ、空缶、各種容器や
棲息更地の清掃又は除去を徹底すると共に、住宅内でも
同様の注意を怠らない様に 関係当局は一般市民に呼び掛けている。    
しかし、パラグアイ政府は系統的な黄熱病対策があった訳ではなく、
今年ブラジルで2月13日 迄に既に15人が死亡、
又はデング熱などの伝染が各国で広がっている処、
パラグアイでも黄熱の感染者6人が各地で確認され、
死者も出るなどで政府は急遽去る15日に全国に亘り
非常事態宣言を出し、今後90日をかけて予防接種を
励行する事になった。

南米での黄熱病は「野口ワクチン」に依り終息したとされる。
パラグアイでは過去34年間、黄熱病の感染が確認されなかった。
今回は不意を突かれた体で、不足するワクチンはブラジルや
 ペルーなどからの緊急提供を受けた。
しかし、これでも充分ではなく、2月初めに最初の感染者が
確認されてから大衆の間でパニックを引き起こし、
人々は我先に予防接種を受けようとして保健所や医療機関に
殺到したがワクチンの不足に抗議し、アスンシオン市近郊で
道路を封鎖する騒ぎまで生じた。 
 政府は事態の重大性に鑑みて、苦しい予算より300万ドルを
捻出しワクチン200万ドゥシズを 世界保健機関(WHO)の
斡旋に依り購入、先日フランスのパリから貨物機で
待望の荷が到着した。

これで凡そ国民80パーセント強のワクチン接種がカバー
出来ると厚生省は発表、当面の急場が凌げて民衆は安堵した。

ところで身近の話しをすれば、我が家の者達は早々と
予防接種を行ったが、60歳以上は接種を要せず、
もし、どうしてもと云うのであれば予め医者の診断を
受けてからにする様にとの当局の説明である。

それで筆者はワイフと共に行き付けのお医者さんを訪ねて
聞いて見たら、「それはワクチン不足の都合で年寄りは
遠慮する様に厚生省が言っているに過ぎない事で、
何ら心配はない。未だワクチンが有る中に注射して来なさい」と
笑って、“お墨付き”を書いてくれた。

なお、予防接種には暑い中を大勢の人が長蛇の列を成すので、
「日傘とテレレの用意を忘れない様に」と、
冗談交じりのレコメントである。

かくして、その翌日は朝早くから厚生省の医療所の前で
大衆の列に混じって順番を待ったが、
噂の様な混乱や荒立った雰囲気もなく、
案外スムースに接種を済ませた。
この待つ間に種々思い浮かべたのは、
黄熱病や梅毒などの研究で知られる細菌医学の権威、
野口英世博士(1876-1928)の事であった。

野口博士は昔尋常小学校でも教えられた立志伝中の人である。
野口家は福島県の代々貧農の家系であった。
未だ1歳の時に囲炉裏に落ちて左手を大火傷する。
医者に掛かる事が出来ず、母親シカの献身的な看病で治りは
したが指が癒着した儘になった。

幼名を清作と呼んだ野口少年は成績が良くて学校の先生に
認められ高等尋常小学校に進学、
1891年に同級生達の募金に依り、
洋行帰りの渡辺鼎(かなえ)ドクターの下で左手の大手術を受け、
癒着していた指が見事に自由になった。

医術の奇跡で、左手の不具が治った清作少年は深い感銘を受け、
自分も世の為に尽くそうと 奮い立ち、医学を志した。
そして、医学博士(京大)、理学博士(東大、ブラウン大学、
イェール大学)の 学位を授与され、エクアドル政府からは
陸軍軍医監名誉大佐の称号を贈られた。

彼の象徴的な貢献は 黄熱やマラリアの研究にあり、
パナマ運河の建設中(1903-1914)に多数の労働者を
黄熱病又はマラリア熱から救った事で知られる。

しかし、野口英世博士は両三度ノーベル賞の候補に推薦されたが 
受賞するには至らなかった。色んな説もあるが、
当然たる可きノーベル賞授与が成されなかったのは、
日本人野口博士に対する人種偏見があった為だと云われる。

最後は、アフリカで黄熱病の研究中に自分も感染し、
51歳の若さで死亡した。

因みに、南アフリカ出身のアメリカ微生物学者
マックス・タイラー(Max Theiler)は、
黄熱ワクチン開発の功績に依り1951年に
ノーベル医学生理学賞を受賞している。

さて、話しを目下の黄熱病予防接種キャンペーンに戻すと、
折しも次期大統領選に向けての各政党政派の選挙運動が加熱する中、
今回の黄熱病問題は政府の無能無策を攻撃するのに格好な材料に
利用された。

それでなくても豪雨でアスンシオン市の街が氾濫し路面に
大穴ぼこが出来たり、異常渇水に依るパラグアイ河の航行難で
タンカーが入港せず、燃料不足が生じたりしても
ニカノル大統領の責任にされるのである。

単に一例を挙げるだけでも、元司教の
フェルナンド・ルーゴ(左派愛国改造同盟/APC公認候補)は、
現政府のやること為すこと全てが“泥縄式”で、
この度の黄熱病対策も“応急の膏薬貼り”に過ぎず、
大衆の生命を守るには覚束ないなどと、
幾らでもケチを付けるのは簡単である。

赤党コロラド青年部は最近、コロンビア革命軍(FARC)の
ゲリラ野戦服を着た、“FARC大使”と綽名付けた
ルーゴ元司教のモンタージュ・ポスターをアスンシオン市や
地方都市で多数貼り出し、国際ニュースにもなった。

ニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領は、
「ルーゴはかってサンペドロ教区の司教だった頃に、
今では解体されたFARC系自由国家党(Patria Libre)の
メンバーを匿(かくま)い支援していたことは知られている。

その顕著な悪行の一つは、ラウル・クバス元大統領の
長女セシリア嬢の残忍なる誘拐殺害事件(2004年)であるが、
ルーゴはセシリア嬢の死も運命で仕方ないと、
冷酷な態度であった。

それが今になって、政府の黄熱病対策を批判し公衆衛生を
憂慮するなど、有権者の人気取りに旨い事を言って歩いているが
全く笑止千万である」と語った。

何れにせよ政界の争いは汚く、ライバル同士のお互いの
アラ探しは日増しにエスカレートする一方である。               




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年3月15日号 政治 黄熱病 パラグアイ

2008-02-29

時事斜断ー’08パ国大統領選の行方




                         坂本邦雄

年が明け激動の予感を孕(はら)む政治決戦の幕が開かれた。
皆の最大関心事である8月15日の政権交代に向けて、
全国総選挙に出馬する各政党政派の公認大統領候補者が出揃い、
いよいよ正念場の4月20日の投票期日を控えて、
この18日から正式に夫々の選挙運動がスタートしたが、
あと僅か2ヶ月の間に国民は、今後パラグアイの政治体制を
改善する期待に報い得る為政者に誰を選ぶか、賢明なる判断を
下さなければならない。

最近、ABC紙が選挙コンサルタント“First Análisis y Estudios”社に
委嘱して行った世論調査に依れば有権者の投票志向は、
1-APC・愛国改造同盟のフェルナンド・ルーゴ元司教が31・2%、
2-UNACE・国民連合道徳党のリノ・オビエド旧将軍が25・3%、
3-赤党コロラドのブランカ・オベラル女史が24・3%で、
4-PPQ・愛国党のペドロ・ファヅール氏は遥かに落ちて3・5%と云う傾向にある。

しかし、此処で 見逃せないのは、未だどちらとも踏ん切りが
つかない浮動票が11・1%も有る他に、無関心な層が
凡そ4・6%存在することである。

処で前記有力3候補者の中で、選挙用語で所謂(いわゆる)“固定票”の
確保率が最も有望なのはブランカ・オベラル女史であり、
次いでオビエドとルーゴの順で続く。従って、ブランカ・オベラル女史が
これから如何に例の浮動票や無関心層の票をより多く掘り起こし、
又は目覚めさせ得るかの“求心力”が 大いに見物である。

なお参考までに示すと、ブランカ・オベラル女史はアスンシオン市を
含む首都圏及びセントラル県では弱く、その他の地方では一般的に優勢である。
ルーゴ元司教はその逆で、リノ・オビエド旧将軍は全国に亘り
平均した票田を得ている様で、又一番マスメディアの風当りも少ない。

これ等、現下の形勢に触れて、赤党コロラドの有力リーダーたる
ディオヘネス・マルティーネス氏(元参議員、元外相)は、
APC・愛国改造同盟から大統領に立候補したフェルナンド・ルーゴ元司教は
相棒のPLRA・青党リベラルからの副大統領候補者フェデリコ・フランコ前
セントラル県知事とペアで来る全国総選挙戦に臨んでいるが、
仮に当選したとしても両者夫々の政治思想は全く正反対なので、
とても長続きはせず早々に仲間割れするであろうと予言している。

要するに、野党各派の合同勢力をバックに結成されたAPC・愛国改造同盟は、
確信的な左派思想のルーゴ元司教が次期大統領立候補の為の足場にしたもので、
謂(い)わばフェデリコ・フランコ副大統領候補の伝統派青党リベラルは
体よく利用されているに過ぎず、換言すれば国民(有権者)を欺(あざむ)く
詐欺であり、選挙終了の暁には国家全体の動揺(不安)も
招き兼ねないと云う訳である。一方、リノ・オビエド旧将軍は
何(どう)かと言えば、ブラジルには政財界で有力な親友や知人が多く、
「自分がパラグアイの大統領になった時は、大統領府にもう一人の
ブラジル大使が駐在していると思って頂きたい」、と公言する程に親伯家である。

なお、オビエド旧将軍と同じくルーゴ元司教も伯国パラナ州の
ロベルト・レキアン知事と親交が深く、選挙資金等の援助を受けていると
噂されるが、ルーゴ本人は資金面では世話になっていないと打ち消している。
しかし、ベネズエラの強硬左派指導者ウーゴ・チャベス大統領の資金援助は
得ている模様である。リノ・オビエド旧将軍は選挙運動で地方へ遊説に
出掛けたりする際は、近頃ヘリコプターをよく使用しているが、
これはレキアン知事から借用したとか又は贈与されたものだとか
中々巷のスズメ達はうるさい。

因みに、ABC紙とのインタービューでロベルト・レキアン州知事は、
「もし、自分がパラグアイ人だったら、リノ・オビエド旧将軍は
勿論古くからの親友であるが、どちらかと云えばフェルナンド・ルーゴ元司教に
票を入れるであろう、何故なれば自分のハート(心臓)は左にあるからである」、とジョーク混じりに答えた。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年2月29日号 政治 フェルナンド・ルーゴ パラグアイ大統領選

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
パラグアイ時間

Asuncion

リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

天気
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。