--------

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


2008-06-09

歴史は繰り返す勿れ




「時事斜断」

                                坂本邦雄

去る15日~16日、ペルーのリマ市でラテンアメリカ及びヨーロッパ共同体諸国の第5回首脳会議が開催され、吾が次期大統領フェルナンド・ルーゴ元司教は、ニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領の誘いで、同じ専用機で連立って出掛けた。これ迄にも、ニカノルはルーゴを大統領府に招じ政権引継ぎの打ち合わせを行ったり、ブルビシャ・ローガ官邸では両者家族ぐるみの昼食会を開いたりで、大統領選中の犬猿の争いは何処へやら、お互いに至って和気藹々(わきあいあい)たるものである。そして、ペルーの会議では到着早々ニカノルそっち除けの人気で、初の華々しい国際デビューであった。

最近、あるラジオ聴取者が、何処の放送局とのインタービューで語った事かは一寸失念したが、今回、次期政権を勝ち取った野党連合「改革のための愛国同盟・APC」は、1946年の連立政府と同じ運命を辿るのではないかと  危惧していたのを聞いた。

その意味は次の様な次第である。つまり、幾年も前から居心地が良い大統領の椅子に固執する独裁者イヒニオ・モリニゴ将軍を支えて来たのは、アスンシオンの騎兵隊司令官ビクトリアノ・ベニテス・ベラ大佐、コンセプシオンの騎兵隊司令官エリベルト・フロレンティン大佐、航空隊司令官パブロ・スタグニ大佐と参謀総長ベルナルド・アランダ大佐の所謂「四人組」であった。この実力派グループは別名を「ナチス・ファッショ郎党」とも呼ばれ、実権の手綱を思う侭に操っていた。しかし、1946年6月9日早暁に、C-1及びC-2の両騎兵連隊が呼応して武装決起し、件の問題の「四人組」を駆逐した。この日の朝、パラグアイはお祭り衣装で夜明けを迎えた。市民は歓喜し、「英雄の霊廟」の広場に集まった。

警察隊も今や反対派が唱える新憲法発布、独裁者の辞任や全ての政治運動の自由などを求める声を聞く以外に何ら為す処を知らぬ有様であった。それ迄は青党リベラルや共産党は地下に潜るか又は国外に亡命するしか他に道はなかった。それに比べると、赤党コロラドと二月党は多少は恵まれた形勢にあった。

何時もの常套手段で、モリニゴ大統領は“腕相撲の勝者”に身を委ねた。そして、引き続き牛耳る軍部は 古くからのクレームである民主政体確立の民意に渋々と応じたのである。斯くして赤党コロラド、二月党及び軍部の三者連合で発足した“連立政権”は -実は直ぐに“衝突政権”に変じるのだが-、民主政府の人質としてイヒニオ・モリニゴ将軍を大統領府に据えて“走り出した”のである。そして、新政府の最高意思決定機関に依る施政方針が中々まとまらないにも拘らず、お人好しの国民は自由と希望の福祉国家の未来を夢見たのである。

処が、これまでにも数多くの不幸を招いた原因と同様の理由で又もや国民は幻滅を感じたのである。つまり、内閣や政府主要機関の人事問題を巡って早くも三者連立体制に深いヒビが入り、そして“雷鳴と雷光の共鳴箱”のフタが飛んだのである。要するに、門出して僅か6ヶ月後に連立内閣は崩壊し、その2ヶ月後の3月には例の1947年の大革命が勃発した。この約7ヶ月も続いた内乱は全国を喪で満たした。

但し、野党連合「改革のための愛国同盟・APC」の次期ルーゴ政権が、46年のモリニゴ連立政権の轍を必ずしも踏むとは思えない。今は60余年前の世相傾向や社会事情とは異なった時代である。「ルーゴ丸」を沈没させない主な責任は偏に多数派の青党リベラルにある。多様な野党連合の皆をルーゴが満足させるのは容易な事では なかろう。もし、青党が多数派の勢いに物を言わせて、新政府の魅力的な多くの要衝ポストを席捲すれば他の同盟党派の不満を招くであろう。近い中に国民は、新政府は信念を以って政府機構改造に目を付けていたのか、又は単に内閣の人事争い、或いはアブク銭の取合いに憂身をやつすに過ぎなかったのか、実際の正体を暴く事が出来るであろう。

我々は次期政権の賢明なる当局者の良識と愛国心に期待したい。万が一そうでなければ、嘗て1946年の “苦いデモクラシーの春”と同じ様な結末になるのを恐れる人達の心配は矢張り本当だったのかと、後悔はしたく無いものである。即ち、昔の連立政権の失敗の例を、改めて21世紀の今日、また繰返す愚を今更冒すのであれば、パラグアイは世界からどうにも救いの手が無い国だと云われても仕方はありますまい。





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


スポンサーサイト

theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : フェルナンド・ルーゴ 政治 パラグアイ 2008年5月31日号

2008-04-30

回天の四月二十日




「時事斜断」
                  坂本邦雄

好天気に恵まれた去る20日(日)に、予定通り
全国総選挙戦が早朝07:00時より始まり、
約280万人の有権者中の64.3%が投票に参加した。

これは今迄にない多数の参加率で、16:00時の締切り後、
各管区投票所から逐一報告されて来る票読み数が
選挙管理委員会(中央選管)のテレビ・スクリーンに
次々と大きく映し出され、21:30時には開票率92%の時点で、
当日の大統領選の大勢が 早くも決まった。 

結果は予想されていた通り、野党連合(変革のための愛国同盟・APC)の
中道左派ルーゴ元司教が得票率41.82%で主要対抗者の
与党コロラド中道右派ブランカ・オベラル前教育文化相(30.72%)を
約10%の大差で破った。

なお、倫理市民連合・UNACEのリノ・オビエド旧将軍は
21.98% 及び愛国党・PQのペドロ・ファズール党首は
2.37%の各得票率に終わった。

ルーゴ元司教は、
「此の度パラグアイは新たな政治時代を迎えた」と、
勝利を宣言した。

ブランカ、オビエド、ファヅールの各候補者も夫々の敗北を
潔く認め、次期大統領に協力を約した。
今回の総選挙は全国に亘り、種々危惧された様な各党派有権者間の
衝突や暴力行為も余り起こらず、平穏無事に終了した。

米州機構・OASより派遣された選挙監視ミッション団長の
コロンビア国前外相マリア・エンマ・メヒア女史及び
同じくコロンビアの前大統領で、
IFES・国際選挙システム財団(NGO)の
ミッション団長アンドレス・パストラナ氏も異口同音に、
整然とした選挙組織や有権者の正しい投票態度等を高く評価し、
パラグアイの民主政体が成熟しつゝある証として賞賛した。

赤党コロラドは予想外の敗北を喫し大きなショックであり、
綿々として61年間も制覇し続けた政権の座を野党に
渡す始末となった。

その主な原因は、悪政化の増進が止まざる長期赤党政権に
これ以上耐え切れず、愛想を尽かした多くの
草臥(くたび)れた国民が、今度は何としても改進的な
政治政体を求めた微妙な志向心理に対しコロラド党は
敏感性に乏しく、加えて党内反主流カスティグリオニ派の
30万票とも云われる票田が、ルーゴ派に流れた事に
あったと見られている。

処で、此の野党連合の快勝の裏読みをすると、
ルーゴ次期大統領のペアたるフェデリコ・フランコ副大統領を
出した青党リベラルが実際の大勝者なのであり、
中道左派ルーゴ新政府の要職の大部分は自由派青党が
占める結果になるであろう。

この辺りから、所謂「変革のための愛国同盟」の
“箍(たが)が緩み出す”恐れがあるとは、
多くの識者の共通した意見である。
何れにせよ、2008年4月20日の 総選挙結果は、
パラグアイ政治史に「回天の日」として
大きく残る“道標”となろう。

此処で簡単にフェルナンド・ルーゴ元司教の経歴を記すと、
元々同氏は赤党家系の出身で、
故ストロエスネル大統領の
大政敵エピファニオ・メンデス・フレイタス
(超俗のエッセイスト、作詞家、詩人、ジャーナリスト
として知られ、警視総監や中銀総裁等を勤めた偉才で、
1985年に亡命先のアルゼンチン、ブエノスアイレス市で客死)
の母方の甥に当たる。
司教の聖職に在り乍ら政界に身を投じ、
バチカンの特免が許されない侭で次期大統領選に立起した。

そして、今回当選した事から、事態収拾の為に
法王ベネディクト16世は未だ停職の身分にあるルーゴ司教を
ローマに召致し、バチカン市国とパラグアイ政府との
将来の国交問題についても話し合う予定であると云われる。

兎も角、停職司教が一共和国の大統領に選出されたのは
世界でも初めてのケースである。
確かに聖職者が他の国で為政者に選ばれた例はあるが、
カトリック司教が大統領になるのは前代未聞である。

同じく、投票に依り二人の兄弟が夫々副大統領職に就くのも
初めての例である。詰まり、2000年に暗殺された
ルイス・M・アルガニャ副大統領の後任に公選された
ジョジト・フランコ元副大統領と、
今回は其の8年後に弟のフェデリコ・フランコが
副大統領に当選したケースである。

なお、パラグアイ国 有史以来、落選はしたものゝ
女性(ブランカ・オベラル女史)が赤党から大統領選に
出馬したのも初めての事である。

又、赤党コロラドが主権在民の総選挙に依って下野した事も、
パラグアイ政治史上で初めてゞある。
過去20年間の政治過渡期に於いて、
連続5回に及ぶ全国総選挙が正常に且つ民主的に
行われて来たのも特記す可き慶事である。

以前は長らく、吾が政治の特色は相次ぐクーデターや革命 
又は理由不可解な大統領の辞任に依る政変ばかりであった。
故にこの度は、民主主義の基本である総選挙の結果、
来る8月15日に与党から野党へ初めての
政権交代が平穏裡に果たされる事は正にこれ迄に見られなかった
ユニークな国事イベントと解釈できるのである。

参考迄に記すと、フェルナンド・ルーゴは47代目の
大統領に就任する初めての聖職出身者である。
1844年に立憲政治が布かれて以来、各種職業出身の
大統領が相次いだ。

主に軍人と弁護士が夫々15人で相半ばした。
フェリーペ・モラス・ロペス大統領(38代目)は
唯一の歯科医だった。
医者では、フアン・ヒール(5代目)及び
ホセ・モンテロ(26代目)の両大統領で、
トマス・ロメロ・ペレイラ大統領(40代目)は建築技師だった。

なお、近代ではフアン・C・ワスモシ(43代目)と
ラウル・クバス(44代目)の両大統領は土木技師で、
最近のニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領(46代目)は
ジャーナリスト出身である。

其れにマヌエル・ゴンドラ(20代目)及び
エヅアルド・スチェール(24代目)両大統領も
ジャーナリストだった。

アルフレド・ストロエスネル大統領(41代目)は軍人で、
35年間の長期独裁政権を牛耳ったレコードホルダーである。

なお、独身大統領は28代目のDr.エリヒオ・J・アジャーラと
今度の47代目大統領フェルナンド・ルーゴ元司教の二人である。
勿論ファーストレディはない。 




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年4月30日号 大統領選挙結果 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 政治

2008-04-15

信徒を二分するルーゴ元司教の大統領立候補




時事斜断
                      坂本邦雄


いよいよ次期大統領選レースが一直線の最終コースに入り、
来る20日の決勝線を目指して各候補者は力走している。

さて、誰が一番にゴールインするかゞ大いに見物(みもの)だが、
これ迄にも随分嬲(なぶ)られ、色々と疑問視もされて来た
世論アンケートや科学的調査資料ではあるにしても、
冷静に且つ公平に政治分析すると、次期大統領に何れの候補者が
最後に決まるか或る程度判断の参考になるのである。

要するに、各候補者の人気の競合差は僅少と云える処、
浮動票が未だ凡そ11パーセント弱もあり、此れを最終段階で
正に如何に其の多くを捕え込むかに依って

各候補者の勝敗が決するであろう。目下の形勢は、
1-ルーゴ元司教、2-ブランカ女史、3-オビエド旧将軍
及び遥に落ちて、4-愛国党のファヅール党首と云う
人気順位であるが、最近は2のブランカ女史が赤党の底力を
発揮して、1のルーゴ司教を大いに追い上げていて、
20日の全国総選挙戦は主にこの両者同士の大接戦になりそうである。

処で、一見最も人気があるフェルナンド・ルーゴ元司教について
考察すると、カトリック教国 パラグアイの信徒、
即ち大部分の国民をルーゴ元司教は大きく二分しているのである。

つまり、ルーゴ元司教の政界入りは明らかに公教法に背いた
行為であり、ローマ法王庁及びパラグアイ司教協議会は 
此れ迄にも幾度も注意して来た。更にルーゴ元司教は翻意を促す
法王ベネディクト16世の懇切な訓戒も聞き入れなかった為に
停職を命じられた。此れは反逆であり、神に終生の忠誠を
一度(ひとたび)誓った聖職者の重罪である。
国法的に解釈しても、ローマ法王庁に完全退職が認められていない
聖職者は依然として 現職に存続するものと解釈され、
従ってこのような身分に於いて大統領又は副大統領に
立候補する事は違憲なのである。

なお、ルーゴ元司教が世論で不利なのは、近来台頭している
ベネズエラの強硬左派 指導者ウーゴ・チャベス大統領に迎合し、
且つコロンビア革命軍(FARC)との関係が疑われている事で、
多くのパラグアイ国民の思潮と相容れないものが隠然として
底流にあるからで、中々微妙な面がありルーゴも苦しい処である。

一方、ルーゴ元司教の支持者は、60有余年政権を牛耳って来た
赤党特権グループの悪政で、国民の33%が極貧に喘ぎ、
多数の者が外国へ出稼ぎに逃れ家族は分散し、
国土の凡そ半分は外国人の所有に帰している等、
過去に見られない重大なジレンマに此のパラグアイを
陥(おちい)らしめた、
腐敗した赤党を今度こそは野に下し、
抜本的な行政改革を以って救えるのはルーゴ元司教以外にはなく、
苟(いやしく)も憂国の士なれば当然ルーゴに
投票す可きであると力説するのである。

先日、国会でもルーゴ元司教を推す青党リベラルの
ベラ・ベハラノ参議員は、ルーゴはマフィア(暴力団)、
麻薬闇取引、密輸団、悪徳業者、多国籍企業等が君臨する
パラグアイの世直しに神が遣わした使者であると発言し、
毒舌をもって知られる赤党コロラドのカレー・ガラベルナ参議員に
猛烈に捲(ま)くし立てられた。

一方、あからさまにルーゴの立候補に反対を唱えられない
カトリック教会は、ある例外を除き大多数の司教は信徒団に対し、
来る20日の総選挙には成可く多くの有権者が国民の
義務である投票に参加し、各自の良心に従って自主的に
清き一票を投じる様に勧告するに止まっているのである。

なお、最近の珍しいイベントとしては去る3日の
夜21:00時より1時間に亘り、
パラグアイ日本・人造りセンター(芭日文化センター・CPJ)内
の劇場に於いて、アメリカのCNNテレビ及びパラグアイの
SNTチャンネル9・セロコラの共催で、目下選挙運動で
凌ぎを削っている主要次期大統領候補4者の
公開政治討論会が行われ、世界3.500万人の視聴者に向けて
生中継で放映された。

筆者は此の番組を見て感じたのは、主演者ブランカ、ルーゴ、
オビエド及びファヅール各氏の政治所信表明は夫々の持味はあるが、
大同小異此れ迄に何度も聞かされて来た処と余り代わり栄えしない
退屈なもので、何れの候補者が大統領に当選した処で、
その公約が何の程度果たせるのだろうかと勘繰る位が落ちであった。

話は別だが、一寸特記したいのはパラグアイで初めて
世界に向けて国際CNNテレビに依り放映された
此の生番組の舞台に、パラグアイの人達は
“セントロ・パラグアジョ-ハポネス・CPJ”
と親しんで呼んでいる、「パラグアイ日本人造りセンター」の
劇場が選ばれた事である。

この誠に有意義な多目的 センターは、
パラグアイ日本人移住50周年記念行事の一環として、
日本政府の16億円に及ぶ無償援助で1986年に、
当国を親しく御訪問された常陸宮殿下、華子妃殿下御臨席の
もとに定礎式が行われ、1988年に無事完成し
アスンシオン市役所に移管されたものだが、
其のギリシア風建築の優美な容姿と 完備された
装備・施設は我々在留日系人が一様に誇りとする処である。

当テレビ番組の司会者は、収容力600人の
劇場をほぼ埋めた特別招待客を前にして、討論会の舞台を
“セントロ・パラグアジョーハポネス”と
盛んに紹介したのである。
日本政府も実に良い贈物をしたものだと思うが、
「パラグアイ・日本人造りセンター」は、
CNNテレビのお陰で世界に広く知られる事になったと
云えば過言であろうか。

僅か5日後に迫る此の日曜日は、
愈々“民主主義の基本である大統領総選挙”の「D-デイ」である。

さて、国民の期待に応え得る理想の次期大統領に
何れの候補者が選ばれるかであるが、最も大きな課題は
現政治機構の改造である。

此れについて各候補者は、我こそは其の旗印であると自負し、 
お互いに譲らない。

只今の処、人気投票ではトップにあるルーゴ元司教は、
野党反対勢力10何数派のバックを得ているが其の基盤は
案外脆い欠点がある。
即ち、ルーゴ自身は左派に片足を賭け、
もう一方の足は 自由思想の青党に賭けている矛盾があり、
無理な体制である。

片や世論調査では多少劣勢なブランカ女史は、
パラグアイ有史以来初(はつ)の女性大統領に選出される事で
赤党は自浄能力を発揮し、単なる
惰性的な赤党新旧政権の交代ではなく、
抜本的な行政機構改革を成し遂げる自信を示している。

予想では結局、ルーゴ元司教とブランカ・オベラル女史の
決戦になりそうだが、未だ可成りある浮動票や
オビエド派又はファヅール派の票田が如何に動くかも
興味深い処である。

駄々を捏ねていた ルイス・カスティグリオニ前副大統領も、
最近になって漸く自派「前衛運動・Vanguardia」は
ブランカ女史に全面的に協力する事を宣言した。

因みに、当のニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領は、
赤党主流派が擁立したブランカ・オベラル女史の
次期大統領当選を絶対に確信しており、
今回主要政党候補者の公開政治討論会の生番組の
中継放映に来パした、CNNテレビのカルロス・モンテロ司会者と
会見した席上で、“貴CNNテレビは総選挙の翌21日には
ブランカ候補が、吾が国で初めての女性大統領に選ばれた
ニュースを大きく報道する事になろうと断言した。      




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


theme : パラグアイ
genre : 海外情報

tag : 2008年4月15日号 政治 大統領選 フェルナンド・ルーゴ パラグアイ

プロフィール

Nikkei Journal

Author:Nikkei Journal


日系ジャーナル
南米・パラグアイで1980年に創刊されたパラグアイ唯一の日本語新聞社です。毎月2回、15日と30日に発行しています。
(国内・日系社会ニュース。コラム、連載記事、読者欄。)



お問い合わせ先:
Choferes del Chaco esq/ Jose Marti 1791
Asuncion - Paraguay
Tel:(595-21) 600 391

「酒とバラのパラグアイな日々」
”南米のジャーナリスト・ミチオ高倉が読み解く日本と世界”のブログもご一緒にどうぞ。
http://saketobara.blog50.fc2.com


海外にも日系ジャーナル紙をお届け致します。
購読/広告をご希望の方は電話/メールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー
Amazon
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Welcome
パラグアイ時間

Asuncion

リンク
人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログ内検索
ブロとも一覧

■ ブログ名:酒とバラのパラグアイな日々

■ ブログ名:パラグアイの旅行社・トラベルトピア
アスンシオン衛星写真表示
パラグアイの首都アスンシオンの衛星写真です。 プラスでズームアップ、マイナスでズームアウト、矢印で移動出来ます。
タグ

休憩室 パラグアイ フェルナンド・ルーゴ 2009年5月31日号 2009年新年号 2008年8月15日号 2008年8月31日号 政治 2008年5月31日号 2008年9月30日号 2008年10月15日号 2008年6月15日号 2008年10月31日号 2008年7月31日号 2008年7月15日号 2009年3月15日号 2009年4月15日号 2009年5月15日号 2008年5月15日号 2008年4月30日号 2008年4月15日号 2008年6月30日号 2008年9月15日号 2009年2月15日号 2008年11月30日号 2008年11月15日号 2008年3月31日号 2009年4月30日号 2009年3月31日号 2009年2月28日号 2008年12月31日号 2008年12月15日号 経済 原油高騰 ステビア 中国 2008年新年号 2008年2月29日号 ウルグアイ 2008年1月31日号 ブランカ・オベラル イグアス ブラジル 2008年2月15日号 年頭の言葉 オイスカ 2008年3月15日号 電気料金 国際NGO 日系社会 イタイプ発電所 北京五輪 ミチオ高倉 海外食糧生産基金設立基本構想 適正価格の要求 海外食糧生産危機 草の根・ラプラタ流域再開発研究会 大豆 パラグアイ大統領選 天然ガス ウラン 金鉱 石油 カスティグリオニ 日本の食料自給率 ストロエスネル サブプライムショック 自然と共生する生き方 女性政権 殺人ギョーザ アメリカ 持続可能な発展 もったいない 移住者 南米 イタイプ・ダム公団問題 パラグアイ徳洲会医療福祉財団 EU  教育 メルコスール マキラドーラ アディダス製品をパラグアイで製造開始 地震 ブログの移転 パラグアイ産牛肉 サイフケータイ 骨無し牛肉/世界輸出国上位20国 大豆生産国/世界ランキング 大統領就任式 ダイヤモンド発見 2008年2月28日号 ジャトロファ ノーベル経済学者 成人式 食糧危機は歴史的チャンス ブラジル100周年 皇太子 次期政権 世界の食糧提供国 ハブ空港 ドル安 大統領選 大統領選挙2008 厳しくなった車検制度 日本がコワレル~ フリーメーソン 大統領候補暗殺 食糧安保体制 黄熱病 解放の神学 貧農対策 IPhone 商工省 小規模製造業向け工業団地のメリット バイオガス 携帯 大統領選結果 2009年6月15日号 大統領選挙結果 宗教者ルーゴ新大統領 ハイテク製品組み立て 

天気
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。